片づけをしたのにすぐに散らかるのは、床へ直置きが原因。直置きを防ぐための収納!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦が昼間片付けをすると、見落としてしまいがちなスペース。

それは、子ども達が帰ってきてからあきらかになる、○○を置くスペースです。

さて○○とは何でしょう?

スポンサーリンク

子ども達帰宅後のモサッとのワケ

私はいつも子ども達が保育園に行ってから、午前中に集中して片付けをしています。

午前中だと、8カ月の次女も深くお昼寝をしてくれるのではかどる!

そしてすっきりしたお部屋で満足するも、子ども達と夫が帰宅するとなんだかまたモサッとした感じに。

人が増えるので、その分スペースが狭くなるのは当たり前の事です。それだけじゃなく、スッキリしたはずの床に物が置かれる!

そうです、昼間はなかった子ども達のカバン、夫のカバン。置き場所がないので床に直置きです。そりゃ~モサッとするわけです(汗)

お片付け前

という事で、キッチンと居間の間にある一番使用頻度の高いラックに、カバン置き場を作ることにしました。

以前は、モノが溢れかえっていたこのラック。

片付け前の汚い棚

この状態だと、カバンを置くどころか小物すら収納できない状態です(涙)

自己流の断捨離

自分なりに頑張ったお片付けのアフターがこちら。

自己流断捨離ビフォーアフター

最初よりはぜんぜんまし!でも、まだカバンを置くスペースはありません。
→その時の記事はこちら

リバウンド

“捨て”が甘かったのか、結構すぐにごちゃっと・・

お片付けリバウンド写真(こんまり流お片付けビフォーアフター)

物の多さがにじみ出てます(汗)

こんまり流お片付け

こんまり流で、本・書類・小物を片付けたアフターがこちら(^^)

こんまり流お片付けビフォーアフター

真ん中の大きいスペースは、常に床に直置きだった夫の野球バック(バカでかい!)置き場です。

その下が子ども達のカバン置き場。

私のカバン置き場も作りました。

→こんまり流で服・本・書類の片付けの詳細

スポンサーリンク

帰宅後も迷わずスッキリ!

帰宅してなんとなく床に置く。これがごちゃごちゃモッサリの始まりだと思いました。

置き場所が決まっていれば、すぐにそこに収納できます。

“カバンを置きたい場所に他のモノが置かれていてカバンが置けない”なんて事がないのでストレスフリー☆

子どもたちや夫にそれぞれ個人の部屋がない場合には、必要なスペースです。

さいごに

片付けをして手に入れたいのは、家族との楽しい時間です。楽しい時間にごちゃごちゃはいらない!

子ども達が帰ってきた後に家を見渡すと、収納のヒントがあるかもしれません(^^)

スポンサーリンク

(Visited 11,134 times, 12 visits today)