「老後の貯金」は浪費?貯金の目的を考えてみると財産を失わずにすみます

貯金には目的が必要です。目的に合った目標金額を決めないと、貯金のつもりでもただの浪費になるよ~というお話です。

スポンサーリンク

グサッと来た言葉

またまたこちらの本の中からです。

あなたの中の二人の浪費家

ひとり目は過去の失敗を取り戻そうと

むやみにお金をつかおうとし

ふたり目は未来への心配ばかりに

お金をつかおうとする

参考/朝一番、やる気がふくらむ言葉(P156)

むやみやたらな貯金は“浪費”になる可能性があるって事です。

30歳から月71000円の貯金が必要

貯金の目的が“老後の為”と言う人がほとんどだと思います。ところで老後の為に必要な貯金額はいくらなのでしょう?

一般的には老後(65歳)から20年生きるとして夫婦で3000万円の貯金があれば安心と言われています。
(参考/老後資金3000万円の根拠は?)

私たち30歳夫婦だと65歳までに3000万円貯金するには、今月から71428円の貯金をしなければいけません。

一方で、老後に必要な資金は1億円、という意見も!
(参考/「ゆとりある老後」に必要な資金は、1億1856万円)

もし一億必要なら、我が家では今月から毎月23万8095円を貯金しなければならないというありえないことに(涙)

“将来の不安の為”に貯金し始めるときりがないんですね~。

スポンサーリンク

お金は財産ではない

 

たとえば仕事で成功してたくさんお金が入ってきたとします。それをすべて「老後の為」と貯金してしまうとこれこそ浪費!

そこまでの大金がはいってこなかったとしても、なんとなく将来が不安でいつも節約貯金節約貯金。これも節約の度合いによっては浪費なんです。

こちらの動画で、植松社長は「お金があれば本を買え!」と言っています。

会社経営ドットコム/植松社長

「お金は奪われたり、価値がなくなってしまうことがあるけど、知識や経験は誰も奪う事ができないから本当の財産になる」と。

お金は大事だけど、お金がある・貯金があるだけでは、まだ貧乏なままです。そのお金をどう使って本当の財産に変えるのか?

そこを考えないといけないんです。

さいごに

将来の安心のために貯金は必要です。

そして良い使い方でお金を使うのも大事。

バランスが偏ってないか、たまに振り返ってみなきゃです。

今ある貯金はなんのための貯金ですか?

今、何のために働いてお金を稼いで、なんのために貯金をしていますか?

今一度、お金の使い道を考える事が、見えない浪費をなくして本当に財産を作る方法だと思います。

スポンサーリンク

(Visited 1,068 times, 1 visits today)
関連記事もどうぞ♪
記事が役に立ちましたらポチッとお願いします(*^_^*)
記事が役に立ちましたらポチッ(*^_^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です