酷い虫歯でも歯医者に行けない歯科恐怖症の人に伝えたいこと。歯医者はもう昔とは違う☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯の神経治療中が嫌いです。でも痛くなかった!歯医者が怖い私の、「歯医者克服」日記です。

スポンサーリンク

神経治療に恐怖心

昨日は三回目の歯医者さんに行ってきました。今、奥歯の神経の治療中。

虫歯がひどくなりすぎて、歯の奥に膿が溜まってしまったのでそれを少しづつ取り除いています。

きーーーんってゆう機械は使わないものの、膿の取り方が恐怖です。

というのも、細ーい針を歯の奥に刺すような感じで膿をとるんですよね~神経がすでにないので痛いはずがない。でも昔、この治療で痛い事があったんです。それからトラウマな私。

昔の記憶が痛い原因

歯の奥なんて普段は触らない場所。というか触れない場所ですよね。それだけに少しの刺激に超超超敏感なのです!

別に痛いって程の間隔じゃないのに、「痛いかもしれない」って気持ちだけで冷や汗もの。

痛くないのに、常に昔の「痛い」ってゆう記憶と戦ってます。

笑気ガスで治療♪

今回も笑気ガスを使わせてもらいました。寝不足だったこともあり、ほとんどぼやーん・・・としているうちに終わりました☆

まったく恐怖心がなかったわけじゃないです。

ぼやーん・・・としては急に怖くなって口の中に意識が集中して、またいつの間にかぼやーんとして、また急に気になって口の中に意識を集中して、・・・ってのを繰り返してました(笑)

全く痛くなかった♪

スポンサーリンク

痛くない事を知ろう!

歯科恐怖症は、昔のトラウマが原因。そんな簡単に克服する事はできないです。残念ですが・・・

でも、いい歯医者さんを見つけて、「痛くない」って体験をするうちに歯医者さんは怖い・痛いってゆう思い込みは消えてしまうはず。

確実な除痛さえ達成してしまえば、あとは何度か痛くない事実を積み上げていくだけで多くの人は歯科恐怖症をクリアできる

歯チャンネル88

ほんと、そう思います。

私は前まで、歯医者に行くとなると前日から緊張でお腹が痛くなりました。当日怖すぎてキャンセルしたり(汗)強い鎮痛剤でごまかしたり・・・

でも、今は歯医者に行けます。「怖いけど、前も痛くなかったし!」ってゆう経験が歯医者に行ける原動力。

歯医者に通い始めてまだ3回目でいい効果が出始めてます~☆

さいごに

「虫歯が小さいうちに歯医者に行けば痛くない」なんて、歯科恐怖症の人はみんな知ってます。でも行けないんだよね。

でそのうち、虫歯が大きくなってくると「大きい虫歯は麻酔がききにくい」とかゆう口コミのせいで余計に歯医者に行けなくなる。

ずきずきするたびに虫歯と歯医者の事を思い出して泣きたくなる。

虫歯は勝手に治りません。

私も虫歯がひどくなってから歯医者に行きましたが、全然痛くないまま治療が進んでいます。

「痛くない」経験を積むには、まずは歯医者で予約をとること!いい歯医者なら酷い虫歯でも痛くない治療ができます。不安を取り除いてくれます。

でも、ひどい虫歯になるとお金と時間がよりかかってしまう事をお忘れなく☆(←私の事です。汗)

スポンサーリンク

(Visited 6,270 times, 1 visits today)