「もう捨てる物がない」断捨離に行き詰まった時に不要なモノを絞り出す方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捨てる物が少なくなってくると、もっと捨てる物があるはずなのに、捨てる手が止まってしまいます。

そんな時、とりあえずゴミ袋を手に持ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

きっかけはタオルケット

先日押入れの中を見ていて、大きめのタオルケットを捨てる事にしました。

「使うから」って収納していたんですが、カレコレ2年ほど使ってないことに気づいたんです。タオルケットは今使っているもので十分だし、もう使う事もないはず。

そう思ってゴミ袋に入れました。

ところが、ゴミ袋に入れると中途半端な量に。

まだまだ空きがあるので、これだけじゃ捨てれません。

ゴミ袋の大きさだけ捨てる物は集まる

このゴミ袋の空きを埋めるために、押入れの中を再度見て見ました。

しばらく使ってない防水シート発見!長女のパンツ外れの時に使用していました。

サイズが少し小さくて使いずらかった思い出が。

「この際捨てて、また使う時に調度いい大きさの防水シートを買おう!」って事でゴミ袋へ。

まだゴミ袋には空きがあります。

スポンサーリンク

まだまだ家の中には捨てる物があった

ゴミ袋の空きを埋めるために、ゴミ袋をもって家中をうろうろ・・・

  • ベランダで、壊れた洗濯バサミや柔軟剤の空ケース発見!
  • キッチンで、多くなってきた紙袋とスーパーの袋を破棄
  • 洗面所で、そろそろ交換時期の歯ブラシと剃刀を破棄して新しい物と交換
  • 夫の洋服タンスでボロボロの靴下を処分
  • 私の洋服ダンスで、着倒した冬服を処分(沖縄はもう暑い!)
  • おむつ置き場で、おしりふき・おむつを袋から出して袋を処分
  • 本棚の上で、ほこりが乗った敷パッドを処分
  • ベットに踏まれていていた使用済みノートを処分

ゴミ袋、いっぱいになりました!

さいごに

タオルケット一枚から急に始まった断捨離のお陰で、ゴミ袋がいっぱいになって翌日無事にゴミに出すことができました。

別にタオルケット一枚でも、捨てる事は出来たんです。

でも、ゴミ袋だって有料!

もっと入る状態で捨てるなんて、ゴミ袋がもったいなーい!

そんなケチ精神のおかげで断捨離が進みました(笑)

断捨離中に捨てる物が分からなくなってきたら、「このゴミ袋を捨てよう」と小さな目標を掲げてみてはいかがでしょうか(^^)

スポンサーリンク

(Visited 10,245 times, 5 visits today)