断捨離成功のカギは「スッキリ感」!捨てる楽しさが分かると片付けに失敗しない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こつこつ断捨離で挫折しない為には、やっぱり「スッキリ感」を体感すること。

スッキリ爽快!を感じてしまえば、捨てられなかった物がどんどん捨てられるようになっていきます。

そこに「苦しい」はありません。

片付けって楽しい!

スポンサーリンク

モノを使ってない期間に気づく

なんとなく捨てられない物ってあります。

今は使ってないけど、使いそうなモノ。

私の場合は、使ってない化粧水(顔には合わなかったけど、いずれ体に使おうと思っていた)・化粧水をしみ込ませるタイプのスキンパック(時間があるときで化粧水が大量にあるときに使おうと思っていた)・クリアファイル(書類が多くなった時に分類する為に使おうと思っていた)、などなど断捨離中にたびたび目にしていたけどあえて保管して置いていました。

でも、「いつか使うから」そう思いながら長い間使ってない事に気づき始めました。

捨てた物が教えてくれたこと

■気に入っているボディクリームがあるので、肌に合わない可能性が高い化粧水は使うとなると気分が落ちる。

■スキンパックは化粧水をしみ込ませるタイプよりも、もともと美容成分がしみ込んでいるタイプの方が好き。

■大量のクリアファイルは、そもそも書類を溜めないと使えない。もう書類が溜まる心配はないので出番はない。

捨てる片付けを続けているうちに、モノを通して自分の事を冷静に判断できるようになってきました。

スポンサーリンク

爽快!楽ちん!達成感!

それに加えて、「もったいない」よりも「スッキリしたい」という気持ちの方が勝ってきました。

ドンドンモノを捨てていくうちに感じる爽快感!

モノを整理すればするほど実感する家事の楽ちんさ!

そして、少しの労力でスッキリ片付くという達成感!

こんな事を体験していくうちに、モノを捨てる力がついてきました。

さいごに

「モノを処分したら生活しやすくなった」

そう感じる事が、断捨離成功のカギかもしれません。

スポンサーリンク

(Visited 7,004 times, 1 visits today)