片付け祭り終了!こんまり流を終わることにしたきっかけと今後の断捨離について

以前は怒涛のスピードで断捨離をしていた我が家ですが、もうあの量のゴミは出ません。

家の中の不要なモノが減って、もうあれだけ捨てる物がないので当たり前のことですが、最近ふと思いました。

「あの大量のゴミが懐かしい・・」

スポンサーリンク

“ビックリするくらい”がポイント!

今もちまちまと断捨離を続けていて、こんまりさんが言っている「一気に短期的に完璧に片付けるお片付け祭り」がなかなか完了できないな、って思ってました。

でも大量に手放して今は落ち着いたわけで、「短期的にたくさんに捨てるお片付け祭り」は完了したって解釈でもいいのかも、と考えが変わってきた今日この頃。

まだ完璧に片付けが完了したわけではないけど、以前と比べるとビックリするくらい片付けやすい家になりました。

“ビックリするくらい”以前と変わったわけなので、こんまり流の片付けは成功した!

そう思っていいんじゃないかと思っています(^^)
(こんまり流解説の記事はコチラ)

これはリバウンドしない!

リバウンドする気がしません。

なぜなら、以前のようにごちゃごちゃの家に戻るには、買ったりもらったりしてまたモノを集めないといけないから。

家に入るモノに対して慎重になっている私なので、片付け前のように何も考えずもらったり、安いからといった理由でモノを買ったりすることがなくなりました。

モノが家に入ることが、少なくなったんです。

だから、大量に捨てたモノと同じ量のモノが家に入る可能性は低いってこと。

大量に捨てて、その時に後悔したりもったいない気持ちと向き合ったからこそ、リバウンドしない自信があります。
(キッチンのビフォーアフター写真はこちら)

スポンサーリンク

主婦向けではない収納方法

こんまりさんメソッドの収納方法は、この本が書かれた時こんまりさんが独身だったという事もあって家事動線などは完全に無視されています。(むしろ動線を考えるな、というのがこんまり流)

私にとっては、ホテルのような部屋よりは、家事動線の方が重要!

だからある程度モノが少なくなってきた時、収納について考え始めると主婦の方が書いている別の本を参考にすることが多くなりました。

さいごに

まだ完璧ではないけど、短期集中でたくさん捨てて、家は見違えるほど変わりました。

こんまり流片付け祭りのポイントは充分達成したと思っています。

だからこんまり流を終わることにしました。

ありがとうこんまりさん!

これからは生活の中で小さい断捨離を続けていこうと思っています(^^)

スポンサーリンク

(Visited 7,076 times, 17 visits today)
関連記事もどうぞ♪
記事が役に立ちましたらポチッとお願いします(*^_^*)
記事が役に立ちましたらポチッ(*^_^*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です