【簡単20秒】ゴミ箱にビニール袋は使わない。新聞紙で作る内袋が便利!

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら

ゴミ箱の内側にはビニール袋をセットするのが一般的ですよね。

でも私は、ビニール袋をセットするのが嫌い。

  • 大きさが合わない時がある
  • マイバックを使っているとビニール袋が足りなくなる
  • ゴミ箱から飛び出る部分が生活感をかもしだす
  • カサカサ音が好きじゃない

個人的な理由もありますが、そんなこんなでビニールは使いません。

代わりに新聞紙で作った袋をセットしていますが、簡単だし大きさが合わないなんて問題もないしカサカサ音もならないし捨てるときも簡単だしお気に入りです(^^)


スポンサーリンク

新聞紙の内袋の作り方

まず新聞紙を一枚広げます。

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

半分に折ります。

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

片面の端を、中央に向かって三分の一ほど折ります。

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

裏返しにして・・・

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

重なっている両面を一緒に、中央の折り目に向かっております。

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

反対側も同じように中央の折り目に向かって折って・・

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

するとこうなります。

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

最後に手前部分を奥に向かっておると・・・

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

はい!これで完成!

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

ここまでたったの20秒です(数えました)

開くと簡易袋になっているのが分かると思います(^^)

新聞紙のゴミ箱の内袋の作り方

スポンサーリンク

ゴミ箱にセットする

作った内袋をゴミ箱にセットします。

2016092713295500

底の方を広げながらセットすると・・

あれ、なんか形が合ってない。

2016092713295400

ゴミ箱の形に合わせても、こんな感じ。

2016092713295301

大きさが合っていないと、ゴミ箱本体と新聞紙の内袋の間に空間ができちゃいます。

そしてこの空間が、ズボラの敵!投げられたゴミが、ゴミ箱と内袋との間の空間に入ってしまったら・・しかもそれが、ヨーグルトの蓋とか、食べこぼしを拾ったティッシュみたいに水っ気のあるものだとしたら・・・

ゴミ箱は無駄に汚れて掃除に手間をかける必要がでてきます。

だから空間は絶対に危険!(←大袈裟)

でも大丈夫。この新聞紙の内袋は、開き口の大きさが調整できます。

つなぎ目部分を両手でつかんで引き出せば・・

2016092713295300

はい!危険な空間はなくなりました!

2016092713295200

これでゴミを確実に内袋がキャッチしてくれます(^^)

たくさん作ってストックしておく

この折り方のいいところは、簡単にできる事に加えてコンパクトに収納できること(^^)

出来上がった内袋を・・

2016092713295100

縦半分におります。
もともと縦半分には折り目がついているので簡単。

2016092713295000

そうするとこんなにコンパクトに!

2016092713294900

私はたくさん作って、ゴミ袋を収納している場所に置いています。

2016092713294800

ゴミの日になったら、家のゴミ箱から中袋を取ってポイ!

その後、ストックしていた内袋をゴミ箱にセットすればOKです(^^)

さいごに

ビニール袋に比べるとバシバシ使えて、ゴミ箱からはみ出さないので見た目もシンプル。多少水気のあるゴミも、新聞紙なら水気を吸い取って嫌な臭いの発生も防ぎます。

ビニールの内袋にモヤっとしていたら、新聞紙の内袋を試してみて下さい(^^)

スポンサーリンク

(Visited 26,296 times, 28 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら