早起きの習慣化には自己覚醒法!やり方とコツを知れば明日からできる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在朝の4時半です。

外はまだまだ真っ暗。

今日はいつもより早く目が覚めて、3時過ぎに起きてきました。

洗顔と歯磨きして化粧水とクリームを塗って、今日のスケジュールを確認。

洗濯物を畳んでアイロンがけをして昨日の分の食器を片付けて、お米を炊飯器にセットしてお弁当の下ごしらえまで完了しました。

そして今ブログを書いています。

ブログを書き終わったら、着替えてメイクしてお弁当を作って洗濯機を回す予定。

それが終わる頃はやっと空も明るくなって、子ども達が起きてくるはずです。

自由で充実している、朝の時間が大好き!

スポンサーリンク

早起きは楽しいのに、起きるのは辛い

早起きを始めて2年半になりますが、ずっとスマホのアラームに起こされていました。

朝起きるときはどうしても辛いけど、朝の4時に起きる楽しさを知ってからは、その辛さも乗り越えられるようになってきました。

でもずっと理想は“自然に目が覚めること”。

アラームが鳴ってから頑張って起きるのではなく、毎朝なんとなく目が覚めると4時。そんな目覚めが理想ではありました。

でももともと寝るの大好きで二度寝三度寝はもちろん、寝坊癖のあった私なので、それは一生無理なんじゃないかって思ってました。

現に早起きを始めて2年以上たつのに、ずっとアラームで起きていたワケだし。

早起きの習慣化には時間がかかる?

でも最近、“目が覚めると3時~4時”という日がたまにでてきたのです。

ついに、やっと、体が早起き体質になってきたのか!?

嬉しくなって、本気で『自然に起きる方法』を調べてみるとありました!

アラームなしで起きる方法として、自己覚醒というものがあるそうです。

スポンサーリンク

自己覚醒法とは?

「明日の朝6時に起きよう」 などと、眠るときにあらかじめ起床したい時刻を決めておいて、目覚ましなどの外からの刺激を使わずその時刻に自分で目覚めることを 自己覚醒 self-awakening と言います。

引用/起きたい時刻に目を覚ます!自己覚醒法


自己覚醒を利用して起きることで、アラームで起きるときと比べると目覚めもスッキリ!日中の眠気も軽減されて脳の覚醒度が高いために集中力も高まるのだそうです。

自己覚醒の方法とやり方

  • 寝る前に、起きる時間を口に出す(強く意識する)
  • なぜその時間に起きたいのか、理由をはっきりさせる
  • 習慣化で敵なし!
  • プレッシャーをかけないために、念のためアラームもセットする

起きる時間を口に出す事で、ただ考えるだけより効果が出やすいそう。

早起きする理由は、私の経験でも絶対に必要だと思います。私の場合は早起きして夕ご飯の準備まで終わらすことで、夕方に楽したい、というのが基本的な理由。後はブログを書いたり夫が買ってきたスイーツを誰にも邪魔されずに食べたい、というのが、早起きする理由ですww

気まぐれに実践するんでなく、毎日実践することで習慣化。毎日頑張ることなく自然に早起きしてしかも目覚めスッキリだとしたら・・・余裕のある楽しい毎日を過ごせるに違いありません!

とは言っても、自己覚醒だけに頼るのは不安があります。「もし起きれなかったらどうしよう」そんな不安を抱えると寝つきも睡眠の質も悪くなってしまうようです。だから安心材料としてアラームはセットしていた方がいいです。自己覚醒が成功して自然に目が覚めたら、その後アラームをOFFにすればいい話です(^^)

参考/朝の寝起きを良くする自己覚醒法の訓練方法

さいごに

この自己覚醒法、やり方を見ると明日からできそう!

というか今日の夜からですね!

さっそく実践してみようと思います(^^)

またレポートします!

スポンサーリンク

(Visited 1,267 times, 1 visits today)