2017/03/18

【引っ越し】悩んだ結果、「幼稚園は転園しない」と決めた7つの理由

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら

今月、結婚してから約6年住んでいたアパートから隣町へ引っ越しました。

我が家5歳長女にとっては生まれて始めての引っ越し。

新しい家は楽しみだけど問題は、通いなれた幼稚園をどうするのか、というところでした。

悩んだ結果、我が家は「幼稚園はそのまま」という結論になりました。


スポンサーリンク

今の幼稚園が好きだけど、遠くなる

5歳年長で幼稚園に入園した長女は、今の幼稚園で預かり保育まで利用していて仲良しの友達もいます。

先生にも恵まれ、担任の先生や副担任、他のクラスの先生も笑顔がステキで子どもに対する対応も私のお手本。私はとても信頼しています。

自宅からも車で5分ほど。歩くと15くらいです。近所だったので、移動距離も少なくて楽ちんでした。

しかし隣町に引っ越してからは、車で30分ほどの距離に。

新居近くの幼稚園に転園するか、もしくはこのまま今のところに通い続けるのか。とても悩みました。

転園しない5つのメリット

引っ越しても今の幼稚園に通い続ける場合、メリットが5つあげられます。

仲良しの友達と卒園できる

朝、車で幼稚園に送ると、「あ!ゆいちゃんだ!仲良しのお友達だから、ゆいちゃんと一緒に行くね!まま、お仕事がんばってね!」と言って、そのお友達と手を繋いで楽しそうに歩いていく長女。

預かり保育を利用しているのもあって、仲良しの友達がたくさんいます。

一緒に入園した仲良いお友達と一緒に卒園させてあげたいのです。

行事に参加できる

12月で6歳の誕生日を迎える長女。

11月の引っ越しと同時に転園してしまうと12月の誕生日会に参加できませんが、転園しないことで仲良しの友達に囲まれて誕生日会に主役として参加することができます。

無駄な心配不要で安心

引っ越しによって今までの環境が変わることで、一時的に情緒不安定になるのでは、という不安があります。

そこで幼稚園まで変わってしまうと、仲良しの友達とも離れて新しい人間関係がスタート。長女の精神面のフォローが必要になることは想像できるけど、下に3歳と1歳もいるので、長女のフォローが充分にできる気がしませんでした。

でも、幼稚園が変わらずそのままだとそんな心配もいりません。

手続きが簡単

転園となると、両幼稚園との様々なやりとりが必要になると思われます。

引っ越し手続きだけでもいっぱいいっぱいなのに、幼稚園の手続きが加わるとなると・・手続き関係が苦手な私にとっては、考えただけでも目が回りそうです。

逆に、住所を変更しても今の幼稚園に通い続ける場合は、区画外申請を出すだけなので簡単。

転園費用がいらない

よく分からないけど、転園するのってお金かかりそうです。

転園先の幼稚園で指定の体育着とか帽子とか教材とかあれば、それをそろえないといけないはず。

転園しなければその費用もかかりません。

転園しない2つのデメリット

今の幼稚園に通い続けるメリットをあげましたが、もちろんデメリットもあります。

送迎が大変

これまで8時に自宅を出発していました。でも、自宅と幼稚園が遠くなることで7時半には自宅を出発しなければいけなくなります。

朝の30分って大きい。これまでの生活スタイルを見直す必要があります。

小学校入学時に環境が激変

幼稚園のメンバーでそのまま小学生にあがるので、区画外の幼稚園に通い、小学校から区画内に通うとなると、そのタイミングで幼稚園で仲の良かった友達と離れて新しい環境に身を置くことになります。

幼稚園が一緒だった子供達はすでに仲がいい状態で小学生にあがるので、その輪の中に入っていけるのか・・

我が子となるととたんに心配性になってしまいます(汗)

スポンサーリンク

転園する場合のメリットとデメリット

通い慣れた幼稚園から、新居近くの幼稚園に転園する場合、先に上げたデメリットの逆がそのままメリットになります。

  • 幼稚園が近いから送迎が楽ちん
  • 小学校入学時は安心

そしてデメリットも以下の通り。

    • 仲良しの友達と離ればなれになる
    • これからの行事(特に誕生会)に参加できず
    • 精神面のフォローが必須
    • 手続きが面倒
    • 転園費用がかさばる

 

今回の引っ越しに当たってメリットデメリットを考えた結果、幼稚園は変えない。送迎が大変でもそのまま通い続ける、という結論になりました。

さいごに

幼稚園の転園、悩みます。すっごく悩みました。

どちらにせよ、これからも長女がのびのび過ごせる選択をしていきたい。そう願う私なのでした^^

スポンサーリンク

(Visited 1,126 times, 2 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら