ロングカーディガンを着る時注意すべき4つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングカーディガンが好きです。

夏は、紫外線対策と屋内の冷房対策にと、薄い生地の膝丈のカーディガンをほぼ毎日着ていました。

今も着ていますが、最近涼しくなってきたので(沖縄です)近々厚めの生地のロングカーディガンをそろえようかと思っています。

他の服と合わせやすく着やせ効果もある大好きなロングカーディガン!

しかし!日常生活の中で注意する部分が多々あります。
スポンサーリンク

車に乗るときに注意!

運転席に乗って普段どおり会社へ向かいます。

赤信号で止まると、隣のタクシーの運転手がなにやら合図をしている。

「・・・知り合い?」とりあえず笑顔になってみて気が付いたのは、カーディガンがドアに挟まっている!!!

タクシーの運ちゃん、“挟まってるよー!”って教えてくれたんですね。

恥ずかしい!

※ちなみに自転車の場合、車輪に巻き込んで危ないこともあるそうです。
参考記事/ロングカーディガンで自転車のるとき・・

トイレに入るときに注意!

テロテロの薄い生地のカーディガンは要注意。

普通に洋式トイレで便座の前に立つと、カーディガンの後ろ部分がトイレに入ります。

事前にカーディガンの後ろ部分を持っておくのは必須!

階段を下りるときに注意!

膝より下まで長いカーディガンを着ているときに階段を降りると、後ろ部分を引きずります。

屋内ならそんなに汚れないけど、問題は雨の日!

ロングカーディガンの裾が黒く汚れているのを見ると、残念な気持ちになります。

スポンサーリンク

しゃがむときに注意!

子育てママは道ばた&公園でしゃがむことも多いですよね。

ロングカーディガンを着てしゃがむと、しゃがんだ周りにカーディガンが広がります。そして汚れます。

しゃがむときも、カーディガンの裾を持っておく必要があります。

さいごに

生活の中で注意する事はあれど、それでも好きなロングカーディガン。

夏物は、ベージュと黒とピンクをヘビロテしていました。

冬はどんな色にしようかな?

ワクワクしながらショップリストの送料無料をねらう今日この頃です^^

スポンサーリンク

(Visited 988 times, 8 visits today)