子育てにイライラ「もう嫌」と思った時に、私が助けられたもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てにイライラしたとき、数年前のアルバムに助けられました。

ママ辞めたいと思ったら、アルバムを見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

子供といるのに孤独を感じる

3人育児をしていると、たまに「もう嫌だ」と思うことがあります。

  • わざとミルクをこぼす1歳次女(何度も)
  • わざわざ危ない事をする3歳長男(何度も)
  • 注意すると屁理屈で対抗する5歳長女(何度も)

家の中に私と子供3人。にぎやかなはずなのに、ひとりぼっちに感じることは少なくありません。

数年前のアルバムをみた

そんなとき、1歳の次女がアルバムを持ってきました。私が作っているアルバムは、本(シンプルだから忙しくてもずっと続く! 子どもの写真整理術 (正しく暮らすシリーズ))を見て作ったので月ごとに子供の月齢がかかれています。

関連記事→数年分をまとめて整理する方法

何となく久しぶりに見てみました。持ってきたのは、約5年前の2011年のアルバム。長女が0歳~1歳の頃のアルバムでした。

まだ歯が生えていないオデブちんで、髪の毛も少ない。むちむちの腕でお座りしている写真。

「可愛いな~こんな時もあったんだな~」とぱらぱらめくっているうちに、いろんなことに気づきました。

スポンサーリンク

数年前の写真を見て気づいたこと

写真で過去を見ると懐かしくいい時間だったように思い出すけど、その時も悩みはありました。

でもそれを後になって振り返ると、ほとんどがいい思い出になっているという不思議。

子供ってあっというまに大きくなります。きっと、今もあっという間。

今、3人育児でばたばたしている毎日も、こどもが大きくなって手を離れた頃には「懐かしくて、戻りたくても戻れないキラキラした思い出」として思い返すのかもしれない。確かに大変だけど、実は今は幸せなのかもしれない。

そう思うと、いらだっていた気持ちが少し落ち着きました。

さいごに

その後、長男が0歳の頃をアルバムを見たり次女が生まれたばかりの頃のアルバムを見たりと、夜の忙しい時間帯にたっぷり20分ほど思い出に浸った私。

子ども達が暴れている部屋の隅っこに座り込んでアルバムを見ていたのですが、アルバムを見終わった頃には気持ちが晴れ晴れとしていました。

今を大切にしよう!

子育て中に見る数年前の写真は、忙しくて忘れてしまっている「実は今って幸せなんだよ!」って事に気づかせてくれるアイテムだな~と思った私なのでした^^

スポンサーリンク

(Visited 954 times, 1 visits today)