こどもの好き嫌いを克服した方法。これは最終作戦!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの好き嫌いに悩んでいませんか?

我が家の子どもたち、4歳長女と2歳長男は、好き嫌いが多くて大変!緑の野菜はほとんど食べません。ピーマン、ゴーヤはもちろんですが、白菜やキャベツなどの苦味がない物も食べません。たまねぎなんかも探して出しちゃう(汗)ついでにきのこ類も食べてくれません。

唯一食べてくれるのは、お味噌汁や煮物に入っている大根と人参のみ。

でも毎日お味噌汁や煮物だと、夫は不満。だからって子どもたち用と夫用とを分けて夕食を作る気にもなれず。

私も、子どもたちが食べる食材を出したい気持ちと、他の野菜も食べてほしい気持ちと、夫の希望にこたえられてない事がストレスでした。

夕食時には「ちゃんと食べなさい」とがみがみ。もーいや!疲れた!

って事で数か月前から、あきらめました(笑)

つまり、どうせ野菜を出しても食べないと諦めました。大根と人参以外の野菜を子どもたちのお皿に乗せない事にしました。

これがよかったみたい!!

スポンサーリンク

諦めてからは楽しい夕食に

普通に野菜炒めを作っても、子どもたちのお皿には野菜以外をとりわけます。

野菜スープを作っても、子どもたちが食べない具材は子供たちのお椀には入れないことに。

これ、栄養士さんが読んだら怒られますね絶対(笑)

でもこの食生活になってからご飯の時間が楽しくなりました♪

子どもたちは、苦手な野菜が入っていないからぱくぱくスムーズに終了。たまにおかわり。(前は、野菜を食べたら飲み込まずずっともぐもぐ。食べ終わるのも遅かった!汗)

私もガミガミ怒ることが少なくなり、疲れなくなりました(遊び食べするのでその時は怒ります)

ちゃんと食べてくれると、ご飯を作るのも楽しくなります。

夫の希望のメニューを作れるようになり、夫もニコニコ。私もニコニコ。子どものニコニコ。いい雰囲気の夕食です♪

栄養面は?

こんな事してたら栄養失調に・・・!

なりませんでした!というか、我が家の子どもたちは保育園に行っています。保育園では栄養たっぷりのお昼ご飯を食べてるのです。(不思議なことに保育園ではなんでも食べてるらしい♪)

以前に胃腸炎になり、三日間少量のおかゆと水だけで過ごしたことのある子どもたち。その直後の血液検査でも栄養不足の結果がでず健康だったこともあるので、夕食で無理やり野菜を食べさせる必要ないんじゃないか?という勝手な判断です(汗)

スポンサーリンク

野菜を自分から食べるようになった

子どもって、自分のお皿に入っているものを差し置いて、大人が食べているものを食べようとすることってありませんか?

子どもたちのお皿に野菜を入れるのを辞めてから数か月後・・

4歳長女が、私や夫のお皿に入っている緑色の野菜が気になってきたようです。で、自分から「これ食べたい」と言い出してきたんです!

お皿に入れてあげたら食べました。(笑)

今まで、あんなにガミガミいって無理やりな勢いで食べさせて、疲れてもう嫌だって思ってたのに・・・簡単にもぐもぐごっくん、「美味しい!」とか言ってました(笑)

それをみてた2才長男も、「これ食べたい」って言って、もぐもぐごっくん「美味しい!」って!今までのはなんだったんだ~!笑

さいごに

とにかく食べるようになってよかったです!最近からは普通に、野菜もぐもぐ食べてます。

食べろ食べろー!ってゆう強制感がなくなったのと、親が美味しそうに食べているのに自分のお皿には入ってない、ってゆう好奇心がよかったのかな?

子どもが全員この方法で好き嫌いの解決ができるわけではないと思いますが、好き嫌いで神経すり減らしているようなら、一度試してみてもいいんじゃないかな?と思います(*^^*)

スポンサーリンク

(Visited 651 times, 1 visits today)