服がどうしても捨てられない!もったいない!って人へ~理想の生活を体験する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のクローゼットに、自分のお気に入りの服だけが並んでるのってすごく快適です。

毎朝これじゃないあれじゃないって時間をかける必要もない。

手に取った服は全部自分の好きな服!

でも、その状況を作るには服の量を減らさなきゃいけないわけです。捨てるとか売るとかあげるとか・・・

それがもったいないから、服が溢れたクローゼットのまま使ってるんですよね?

そんなあなたにも一度、“クローゼットがお気に入りの服だけ”という状態を体験してほしいのです。

スポンサーリンク

捨てなくていい!

どうしても捨てれない!って人は、捨てずに押し入れの中に収納しちゃいましょう!

普段使っているクローゼットや引き出しは、自分のお気に入りだけにする。

シンプルライフの疑似体験です(^^)

捨てずにお気に入りだけにする方法

まず、自分がいつも使っているクローゼットから服を全部取り出します。

全部広げてみて、よく着る服なのか・この服を着ている自分が好きか、考えます。

「この服を着るとウキウキする!」
そんな服だけを綺麗に畳んでクローゼットか引き出しにしまいます。

残った“イマイチ”の服は、全部収納袋に詰め込んで押入れに収納しちゃいましょう。

「捨てない」という安心感

捨てるわけじゃないから、服がなかなか捨てられない人も自信をもって「これは好きな服。これはイマイチな服」と選ぶことができます。

もったいない!って思ってしまう人って、せっかく好きなモノだけ選んでいても、頭の片隅でどうしても「この服イマイチだけど、イマイチって判断すると捨てなきゃいけないんだよな~。捨てるのはもったいないから、イマイチじゃなくてちょいお気に入りってことにしちゃえ!」みたいな感じで中途半端な判断をしてしまうと思うんです。

“イマイチ”の判断をしても捨てるわけじゃない!

そう考えると安心して自分の気持ちに正直になれますよね(^^)

スポンサーリンク

たくさんある服はあってないような服達

ごちゃごちゃのクローゼットって、服はたくさんあっても実際に着る服はそのうちの半分以下。

その他の服は、“ただあるだけ”。

一度手にとっても、「うーん。これじゃない」ってまた戻される服です。

あってないような服、だけど捨てられない。

なら捨てずに、「あの服がなくても生活できる。むしろ毎日が楽しくなった!」と思える方法を試してみてはいかがでしょうか(^^)

さいごに

捨てる事ができない人にとって、遠い存在の“ミニマリスト”“シンプルライフ”

簡易的ですが、捨てる事はできなくてもシンプルライフを疑似体験するのは簡単です。

クローゼットから、毎日が楽しくなる快適な生活を体験してみませんか(^^)

スポンサーリンク

(Visited 3,554 times, 1 visits today)