2019/09/01

地震が起こったらまずこれをしろ2019!【池上彰の日本の防災】揺れたその時するべきこと3つ

 
池上彰の日本の防災・地震が起きた時の対象法まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

今日テレビでやっていた、
池上彰の「日本の防災・防犯」。

地震が起こった時の対処法がすごく役に立ったので、まとめておきます!

この知識って、地震の多い日本に住んでるなら絶対絶対知ってるべきですー!!

偶然だけど、この番組見ててよかった!

地震の揺れを感じたら、机の下はNG!

地震の揺れは最初は小さく、どんどん大きくなっていくそう。

その最初の小さい揺れから大きい揺れの真っ只中、自分の身を守るためにどうしますか??

  • 机の下に隠れる
  • 火を消す
  • トイレに隠れる

こんな対処が当たり前と思っていたんですが!

それが間違えだったらしいのですー!

机の下に隠れるのが安全だとは限らない

頑丈な机なら、下に隠れても安心だけど。

簡単な作りの机の場合は、逆に危険になるんだとか。

考えてみればそうですね><

最近のガスコンロは自動で火が消える

揺れがある時に火に近づくのは、逆に火傷の危険があるそう。

え!でもだからって、火をつけっぱなしって危険でしょ!?


と思いますよね。

でも大丈夫!

最近のガスコンロは、揺れを感じると(震度5以上で)自動で火が消えるらしい。

すごい。

トイレは閉じ込められて危険です

「トイレは四方が柱で支えられているので安全」
な時代は一昔前で、

今はトイレが柱で支えられていないケースが増えているんだとか。
(専門知識がないので、言葉が違っていたらすみません)

と言うことで、トイレに隠れるのは逆に閉じ込められる可能性が高くて危険です。

じゃあ安全な場所はどこなの?

じゃあ!

地震で揺れている間、どこでじっとしていればいいんですか??


と言う話ですが、比較的安全なのは「玄関」とのことでした。

でも、玄関にものがたくさんあったり、高い場所にものを置いてたり、窓がある玄関だと、それはまた安全だとは限らないわけで。

また、三角スポットを把握しておくといいですね!

結局、
“地震が起こったらどこが安全なのか”は、
今のうち家族全員で考えて共有しておく必要があります。

我が家の場合は玄関かなー٩( ‘ω’ )و

地震の揺れが収まったらすぐにすることは?

地震が収まったら、待機していた場所から動き出しますよね。

その時、目の当たりにするのが、部屋中が荒れてしまった状態!

  • 家具
  • コップ
  • お皿
  • インテリア
  • 窓ガラス

そう言うのが割れて散乱してるんです。

そのまま歩いてしまうと、想像通り怪我しますー!

なので、地震の揺れが収まってすぐにすることは、
スリッパもしくは靴を履くこと!

夜寝ているときに地震が起きたのを想定して、寝室には常にスリッパを置いていくと安心なんだとか。

こんな防災スリッパもあるそうです!
(番組で紹介されていたのがこちら↓)

created by Rinker
旭電機化成(Asahi Denki Kasei)
¥980 (2019/09/22 23:05:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
旭電機化成(Asahi Denki Kasei)
¥980 (2019/09/22 23:05:32時点 Amazon調べ-詳細)

【トイレ対策】水を貯める!

あと、被災者のかたがよく言っているのは、
「トイレ用の水を貯めておけ!」ですね。

地震が起こったら断水になります。

  • 自宅も
  • スーパーも
  • 公園も
  • コンビニも

どこもかしこも、トイレが流れず大変な状態になるんだそうです。

なので揺れが収まったらスリッパか靴を履いてバスタブへ。

そして、その時出る分の水を貯めておきましょう。

水を貯めるのではなく、災害用トイレを備えておくと言う方法もいいですね!

災害用トイレの種類もたくさんありますが、私は絶対BOSがオススメです!

子供のうんちオムツの処理に困っていた時、劇的にお世話になりましたー!

避難する前に必ずしなければならないこと

揺れが収まって家の被害状況を確認したら、今後は家でそのまま待機するのか、避難するのかどちらかですよね。

じゃあもし「避難しよう!」ってなった時!

荷物を持っていざ避難!
・・・の前に。

ブレーカーは必ず落としましょう!!

なぜブレーカーを落とす必要があるのかと言うと、二次被害の火災を防ぐためです。

と言うのは、地震直後は停電してるまま避難しますよね。

そのあと無人になった家で電気が復活。

そうすると、ストーブなども復活!

揺れの影響でストーブの上にものや服がかかっていたりすると、そのまま火災になるんだとか。

実は地震の後の火災は、そうゆう「通電火災」が原因のことがほとんどなんですって。

全然知らなかった!

とは言っても、避難する時にブレーカーを落とすのなんて覚えられないよー!

そうそう私もなんですが、

地震が起こってわーわーしているときって、

  • どこに避難しよう
  • 何を持って行こう
  • 実家は大丈夫かな
  • 持ち物足りるかな
  • また地震が来たらどうしよう

とか、控えめに言ってパニックになっていることが想像できるので。

いざ地震の時に、ブレーカーのこと思い出せるかな・・


なんですよね><

それを忘れて出かけてしまったばっかりに、
防げたはずの火災が起こってしまったら。

後悔しても後悔しきれない><

と言うことで、大きい揺れを感じたら自動でブレーカーを落とすアイテムも紹介されていました。

created by Rinker
エヌ・アイ・ピー
¥2,000 (2019/09/22 23:36:56時点 Amazon調べ-詳細)

これはめちゃくちゃ安心だー!

さいごに

と言うことで、「地震が起こったらどうする?」のメモでした。

これ、知ってるのと知ってないのとでは、その時になってからの行動が全然違うと思う!

9月1日は防災の日。

これまで起こった日本の震災を、忘れないようにしたいですね。

※追記
まだ防災バックを備えていない場合は。
この記事を最後まで読んだのをきっかけに、備えてみてはいかがでしょうか。
防災士が厳選して選んだ43点セットの防災カバンが安心でした♪

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください