安い写真付き年賀状印刷の落とし穴〜失敗しないための7つの注意点

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

私は写真付きの年賀状をもらうと嬉しいので、毎年写真付きで年賀状を作って贈っています。

これまでは手作りで年賀状を作っていましたが、何せ12月、忙しい!

だから時間をかけずに、それでいてできるだけ安く!そしてせっかく注文するんだから綺麗に作りたいー!

ということでネットを探すと結構あるんです。安い年賀状印刷。

でも安いってことは、何かリスクがあるんじゃ・・・と思ってしまうのは私だけじゃないはず!

安さを求めた結果、年賀状印刷を決めるときに注意点があることがわかったので、ポイントを7つ解説します。

送料がかかる

送料無料のサービスが増えてきていますが、格安でサイトに表示されている金額には、実は送料が含まれてなかったりします。

送料一律800円
200枚以上の注文で無料

送料324円
3000円以上の注文で無料

沖縄や北海道・離島の場合は、さらに追加料金が発生するサイトもあるので注意!

ハガキ代が別途かかる

「50枚で3000円!?安ーい!」

と思ったら、ハガキ代が含まれていないことがあります。

つまり年賀ハガキ1枚52円が50枚なので、表示されている金額に2600円がプラスされるということ。

低価格なのは、写真が映えない用紙だから

大体の年賀状印刷サービスは用紙が何種類か用意されていて、その中から選べるようになっています。

格安の金額が表示されている場合、写真を印刷すると荒く見えちゃうインクジェット方式での価格になっていることがほとんど。

写真栄えするのは銀塩方式なのですが、特殊な用紙を使うのでどうしても高くなってしまうんです。

でも塩銀方式はやはり仕上がりが綺麗ということもあって、年賀状には大人気!

もちろん格安の年賀状印刷サービスでも用意はされているのですが・・・銀塩プリントを選択すると、「格安」ではなくなってしまうという罠があるんですね〜><

カラーが増えると金額が上がる

同じサイトでも、デザインによって金額が変わります。

すでにお気づきかと思いますが、「格安」と表示されている料金は、一番安いデザインの価格。

選んだデザインによっては枚数は同じなのになぜか高くなる、ということが起こるんです( ; ; )

別デザインの注文にお金がかかる

今の時代、送る人に合わせてデザインを変えるのが常識になってきました。

  • 親戚には子供の写真
  • 友達には家族写真
  • 趣味の友達には趣味関係の写真
  • 会社の人にはイラストのみ
  • 別途オプションがかかる

年賀状印刷のサイトも、時代に合わせて複数のデザインが注文できるようになっています。

注意したいのが、1デザインごとに注文枚数が少ない場合は、結局高くなるってこと。

複数注文割引はありますが、『まとめて1000円割引』だったり『1デザインにつき200円割引』だったりと、わずかなんです(涙)

私もいくつかデザインを作る予定だったので、別デザインでどれくらいお金がかかるのかは要チェックでした。

オプション費用がかかる

「オプションなんて、贅沢しないよ〜」と思ってましたが・・・

該当デザインは、デザインオプションが発生します。

といった感じで、“半ば強制で”つけなければいけないオプションがあったりします。

まあ、そのデザインを避ければいいのかもしれないけど、お菓子コーナーで消費税込100円以下のお菓子を探す子供の気分です(汗)

本当に安いのか、結局わからない

私が年賀状をお得に作るために、格安の年賀状サービスを調べて感じたのは、「結局やすいのかどうかがわからない」ってこと。

  • デザインによって金額が変わり
  • 用紙によって変わり
  • 送料が別途で
  • 別デザインを注文する場合は%$#&@*+◇※

やややややこしいーーーー!

何も考えずただただ「安い」「格安」だけで選ぶと、損するんだということがわかりました(汗)

最初で準備しておくこと

ということで、私が年賀状をお得に作るために考えたのは、以下のこと。

①年賀状を誰に贈るのか?

去年、年賀状を送った人のリストを参考に、大体誰に贈るかを考えます。

②全部で何人に贈るのか

送っていない人から年賀状が来ることも考えて、少し枚数多目の50枚を用意することにしました。

もし余ったらアルバムに入れる予定だし、あまりすぎたら郵便局で切手や官製はがきに交換することもできるんです^ ^

③贈る人をグループ分け

全て同じデザインで出すわけにはいかないので、分けるデザインごとにグルーわけしました。

  1. 家族
  2. 親戚
  3. 友達
  4. 子供関係
  5. 夫の会社関係

我が家の場合は5デザイン^ ^

準備完了!

はい!

これでやっと、年賀状印刷で失敗しない情報が揃いました!

私の場合は、

  • 年賀状を50枚
  • デザインは5つ
  • そのうち4デザインは写真入り
  • できれば綺麗な仕上がり希望
  • 安く・簡単に

なんかすごーーーくわがままな条件ですがw

でも一通り年賀状サイトをみて回って、私の条件にあったおしゃれな年賀状印刷を見つけたんです。

すでに家に届いて、ゆっくりコメントを書いているところ。

年賀状を注文する前の準備って、大事です( ´∀`)

さいごに

ネットでの年賀状印刷は便利!

でも安さだけにつられると、いつのまにか高くなっちゃうので注意が必要です。

しっかり「準備」をして年賀状を作って、新年をスッキリ悔いなく迎ましょう〜^ ^

(Visited 178 times, 21 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら