家事を早くする方法〜中途半端にするという荒技で早くする!

 
家事がスピーディに終わる!

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

最近気づいたんですが、
家事を早くしようと思ったら完璧にしようとせず、
「中途半端にする」というのがいいですね。

すごーくバッシングを受けそうな内容ですが(笑)

私が実感した「家事を中途半端にする」メリットをお話ししたいと思います^ ^

スポンサーリンク

とりあえず手をつけられる

「最後までやらなくてもいい。
とりあえずちょっとだけやろう。」

そんな気持ちだと、山になった洗濯物にも手をつけられますw

洗濯物たたみとか食器洗いって溜まってたらやる気消失です。

でも手を動かしてみたら、意外と最後までできちゃうことも多いんですよね〜^ ^

「何するんだっけ?」と忘れない

製氷機の水を入れるやつが空っぽになってたら、
水を入れるのが面倒だけどとりあえず冷蔵庫から出しておく。

調味料がなくなったら、
メモに書くのが面倒だけどとりあえずキッチンに出しておく。

洗濯機がピーピーいったら、
干すの面倒だけどとりあえず洗濯カゴに入れておく。

やることが出しっぱなしになってたら、家事をするときも迷いがありません。

  • 製氷機に水を入れて冷蔵庫にセットして
  • 調味料を買い物メモに書いて空っぽの容器は捨てて
  • 洗濯物はほす!

迷いがないから、「面倒」と感じる隙が少なくて気持ちも楽♪

スポンサーリンク

誰かがやってくれる

これこれ!

出しっぱなしにしてると、誰かがやってくれるんですー♪笑

私が手が離せないときも、
洗濯物がカゴに入ってるとこれを干すってのがわかるし、

製氷機がテーブルの上に出てると、
これに水を入れるんだなってことがわかる。

夫も子供も何をやっていいか明確になる上に、私も指示を出しやすい♪

ほんと、ズボラでごめんなさいな理由ですがw

夫も子供も、家事を手伝ってくれるので本当に助かってます^ ^

さいごに

ということで「家事を早く済ましたい!」と思ったら、
とりあえず中途半端に手をつけてみるのもいいよ^ ^
というヘンテコな家事術でした(^ ^)

もしよければ・・・
ぜひ今日の夕方から試してみてくださいね^ ^

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら