手作り年賀状デザイン~セリア・ダイソーのマスキングテープで富士山を作る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状のデザインといえば富士山!
手作り年賀状と言えばマスキングテープ!

富士山柄のマスキングテープを探していましたが、なかなか気に入るモノに出会えなかったので、思い切って手持ちのマスキングテープでちぎり絵風富士山を作ってみました。

これが、私的になかなかの出来映えだったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ちぎり絵風富士山の作り方

材料を用意する

年賀状(無地)と、家にあるマスキングテープを全部。それから下書き用の鉛筆を用意します。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

私がもっているマスキングテープはセリアやダイソーなど100均で手に入れたもの!一部、メルカリで手に入れたモノもあります。

ちぎり絵風に作るなら、柄より色味が大事です

鉛筆で下書き

薄く下書きします。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

薄すぎて画像にすると見づらいですね(汗)左側に、富士山のシルエットと重なった太陽を書いています。

下書きをなぞる

濃いめの色のマスキングテープを細長く切って、下書きの線の
上になぞるように貼っていきます。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

富士山は、青・水色・黒。太陽は、赤・茶色・黒がおすすめ。

ポイントは、太陽と富士山が重なっているところは貼らないこと!ここはあとでなぞることでメリハリをつけます。

太陽から埋める

太陽の中の部分をマスキングテープで埋めます。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

ここでは黒は使わず、赤・茶色・ピンク・オレンジ・黄色などの色を使います。

重なっている部分をなぞる

このタイミングで、富士山の上の部分のマスキングテープを貼っていなかったところも下書きの線をなぞるようにして貼っていきます。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

この順番にすることで、くっきり富士山が前にきていい感じになります。

富士山の中を埋める

大きめにちぎったマスキングテープで中を埋めていきます。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

全部青でもきれいですが、私は桜のマスキングテープをどこかに使いたいと思っていたので、富士山の下の方に使う事にしました。

仕上げに境目を埋めていく

薄い色のマスキングテープを小さくちぎって、境目に貼っていきます。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

ベースに色を合わせて、富士山の上の方には青・水色・緑系。下の方にはピンク・オレンジ・黄色系のマスキングテープを貼りました。

完成!

はみ出した部分をハサミで切って、筆ペンで文字を書き込めば完成です!

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

スポンサーリンク

失敗バージョン

大きい太陽にしてみたり、太陽と富士山が離れているバージョンも作ってみました。

マスキングテープで手作りする富士山の年賀状

うーん・・バランス的に、やっぱり重なっている方がきれいな気がします。

さいごに

手作り感いっぱいの富士山デザイン!

一枚仕上げるのに15分くらいかかりますが、楽しいです。

マスキングテープで手作り年賀状を作りたい、と思ったら、是非挑戦してみてくださいね^^

関連記事→マスキングテープでちぎり絵風2017酉の作り方

追記→「こんなに貼って、送料が心配!」って方はこちらへ。

スポンサーリンク

(Visited 2,743 times, 1 visits today)