読書が趣味の私が本棚を断捨離する理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本棚を断捨離

本が好きな私は、コンビニで本を買い本屋さんで本を買いAmazonで本を買い、どんどん増えて行く本の片付けに色々考えてきました。

しかしここにきて、本棚を断捨離することにしました。

スポンサーリンク

本が動いてない

本棚といってもカラーボックスですが(汗)

本棚を断捨離

寝室に置いているカラーボックス1個分にぎっしり入ってます。これでもかなり減らした方。以前はカラーボックス2個分と、それに入りきらないほどの本を持っていました。

今本棚に入っているのは、こんまり流でいういわゆる「殿堂入り」の本と、あとから追加で手に入れた本たちです。

でも最近思ったんです。

この本棚、ほとんど動いてないな・・・

といっても本を読まなくなったわけじゃなくて、図書館に行くようになったからです。

図書館が嫌いだった

嫌いって言いかただと極端すぎるけど(汗)

片付けできてないごちゃごちゃの時なんて毎回毎回「紛失」の危機だったし、

仕事に出ているときは、2週間に1回図書館に行くのをついつい後回しにして返却日を過ぎちゃったりしてました。

なので、図書館で本を借りるよりも「買う」方が気軽で私に合ってたんです。

でも今は、片付けができるようになったので図書館の本がどこにいったのかわからないなんてこともなくなったし、

在宅での仕事になったので返却日前には必ず図書館にいけるようになりました。

(ちなみに図書館の本たちの定位置はリビングです↓)
本棚の断捨離

結果、図書館はすごく使いやすくて好きな場所に!

図書館の本ばっかり読んでるので、自宅の本棚の本が動かなくなった、ってわけです。

スポンサーリンク

本と本棚を手放すことにしました

本を読まずに置いておくのは、ただ「埃の溜まる場所」があるだけ。

読んでないなら、ここにあるのがもったいない。

今必要な人に、安く読んでもらった方が絶対にいい。

ちょうど、クローゼットの中で使うカラーボックスが欲しかったし、今本棚が置かれているスペースが開けば寝室がもっと広くなって窓が開けやすくなる。

本と本棚とスペースと自分の時間を、もっと効率的に使おう!

そう思ったので、今までどうしても手放せなかった本たちを手放すことにしました。

さいごに

生活ってどんどん変わっていくから、家にあるものをそれに合わせてアップデートしていくことで、もっと住みやすくて快適な家にすることができるな〜と思いました。

あなたも、「最近動かしてない本」を手放してみませんか^ ^

スポンサーリンク

(Visited 438 times, 4 visits today)