2018/02/11

家事が好きになる方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

最近、家事が楽しんですよね。

あんなに嫌いだった、片付け洗濯掃除料理が

楽しい!

その理由は、たった1つです(*^^*)

スポンサーリンク

ゴールがすぐそこだから

家事が好きっていっても、2時間とか3時間とか長時間やってるとさすがにバテると思います(汗)

短時間で理想の状態になるから、家事が好き!

「何をするとどうなる」っていうゴールが見えてるから、家事が楽しいって思えるんです^ ^

ゴールが見えない原因

以前は家事のゴールがどこなのかさっぱりわからなくて、果てしない家事が嫌いで嫌いでたまりませんでした。

  • 洗濯物もどっさり
  • 食器洗いもキリがない
  • 片付けてもすぐに元どおり
  • 料理するにもまずは食器洗いから
  • 掃除したいけど、一体どこから?

終わりが見えません。

  • やること多すぎ
  • 目の前混乱
  • 頭の中はカオス

家事をこなしてもスッキリしないし、達成感ゼロ。

ゴールが見えない原因はズバリ、「溜めすぎていた」からです><

ゴールが見える環境とは

家事のゴールが見えている今。

「まずは何をすればいいのか」がはっきり明確になっています。

  • 洗濯物をたためば床が綺麗になる
  • 食器洗いをすればシンクの掃除ができる
  • テーブルの上にある書類を処理して
  • 料理は材料を出すことから始められる

ゴールが見えたきっかけは「ものを少なくしたこと」でした。

目立つんですよね、広い床に洗濯物が置かれていると。

気になるんですよね、スッキリしたリビングの真ん中にあるテーブルの上に、書類やマニキュア・爪切りなんかの雑貨が置かれていたら。

物が少ない環境では、目立つ場所や気になる場所をやればいいから、確実にスッキリして義務感から解放されます。

そうすると、「家事がたまる」事もなくなるんです^ ^

さいごに

家事を楽しむためには、

家事が短時間で終わる仕組みを作る。

家事が短時間で終わる仕組みを作るために、

ものを少なくする。

主婦にとって家事が楽しんなんて、そんなハッピーことはありません!

逆に、「家事が嫌い」なんのは、主婦にとって苦痛でしかない。

家事は雑用に見えて、実は家族を環境でサポートする超重要なお仕事です。

自信を持って家事を楽しみましょうー(*^^*)

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら