医療保険を安くする為の基本の知識【公的保険制度】。高い保険に入るくらいなら貯金!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険を選べない、無駄に高額で損してる気がする、と先日記事にしました。
「保険を詐欺だと思っている」記事はこちら☆

保険外交員が教えてくれない「公的な医療制度」がわかったので記事にします!

保険で損したくないしね!

ーーーーーーーーーー
今日も読んだよ♪の印にポチッと応援していただけると嬉しいです(*^^*) にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
いつもありがとうございます^ ^
スポンサーリンク

どんなに治療費がかかっても日本人は3割しか負担しない

私たち日本人はみんな公的な医療保険に入っています。そうです、保険証の事!もってますよね?

それによって、どんな高額な医療費が発生しても、治療費の3割のみ支払えばいいのです。例えば病気で手術して入院したとします。全額で100万円の治療費がかかったとしても、私たちが支払うのは3割の30万円のみです。

30万円も高ーい!

たしかに高いです!でも大丈夫。自己負担額が大きくなった時の為に、「高額療養費制度」があります。

年収によって限度額は変わってきます。しかも計算方法がややこしい!でも見つけました!こちらで簡単に計算できます。

例えば年収370万円以下(月収26万円以下)の人が手術入院をして100万円の医療費がかかったとします。そのうち自己負担額は3割の30万円。

それから高額療養費制度を利用すると、給付額は24万2400円。自分の財布から出ていくのは5万7600円だけ!

年収370万~770万(月収28万円~50万円)の人だと、30万円の自己負担額の場合給付額は21万2570円。自分の財布から出ていくのは8万7430円のみ、という計算になります。

もしもの100万円の医療費にビビッて高い医療保険を契約する必要はないのです。

全額自己負担になっちゃうのは?

公的な医療保険や高額療養費制度でカバーできないのが、「入院中の食事や差額ベット代、テレビカードなどの暇つぶし・娯楽系」です。

それに当たり前だけど、入院するとなったら、日用品や家族の交通費や、子どもがいる人は保育料も発生するかもしれません。

自分がもし入院したらどんな不都合が発生するのか、よくよく考えてみないと、セールスマンに不安をあおられて勧められるがままに意味なく高額な医療保険の契約をさせられてしまうかもしれませんよ!

スポンサーリンク

冷静に考えると医療保険でカバーするのは少しだけ

つまり医療保険でカバーするのは、公的な保障制度を使って最後に残った金額。(医療費-医療費の7割-高額療養費給付金=お財布から出ていく金額)

それプラス、個室にしたいなら差額ベット代。本を読まずテレビが見たいならテレビカード代。食事は入院しようがしなかろうが発生するので別に考えなくてもいいかな、と思います。

先進医療を終身保障してくれる医療保険が大事!

ならば貯金があれば医療保険にわざわざ入らなくても?となりますが、公的な医療保険を利用する大きなメリットが、「先進医療」の保証です。

先進医療は身近なものになっているのに関わらず、保険がききません。保険がきかないとなると、全額自己負担。高額療養費制度も利用できません。技術料だけで100万円越えなど高額になる場合もあります。

先進医療もカバーしてくれる医療保険がその不安を消してくれます。

医療保険を安くするには

最低限の保証をして、貯金する。変にいろいろ特約を付けて、祝い金付とか保障の厚そうな保険に入るよりも賢い方法です。

現在日本人の平均入院日数は20日。先ほどの年収370万円以下の人が100万円の治療費でお財布から5万7600円を出す場合だと、一日2800円必要とゆう計算になります。なので入院保障は日額5000円で十分!

少々の貯金があれば差額ベット代とか入院中の娯楽費とかの為に、わざわざ高い保険に入らなくていいんです。

さいごに

先日保険相談にいった際に、プロに分かりやすく説明してもらいました。私と同じく、医療保険が選べない!って人にも知ってほしくて記事にしました。

この仕組みをしって、やっと自分で医療保険を選ぶ土台が整ったと思います。

スポンサーリンク

(Visited 500 times, 1 visits today)