3DKと3LDKの間取りの違い。ファミリーで理想の広さは16畳!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近3DKに引っ越しましたが、実は最初は3LDK希望でした。

3LDKとは、3つの部屋と、リビング・ダイニングを備えた広いキッチンがある間取り。

対して3DKとは、3つの部屋と、ダイニングを備えたキッチンがあるという間取りです。

違いは何かというと、リビングがあるかどうか。つまり、キッチンがある部屋の広さで、3DKなのか、3LDKなのか、という表記が決まる、という事になります。

参考/DKとLDKの違いについて

じゃあどのくらい広ければ“リビング有”という表記ができるのか?というところですが、これがすごーく曖昧!

3LDK希望で引っ越すなら、LDKの広さの確認は必須!「DKか、それともLDKか」という不動産が表示している間取りだけを信用するのはダメです。

スポンサーリンク

3LDKは10畳以上

実は以前までは、キッチンが8畳以上あればLDKと表記してもよかったのだそう。

でも、最近不動産業界の目安が変わったとかで、10畳以上ないとLDKと表示はできない、というふうになったんだそうです。(最近と言っても2011年の話)

参考/DK及びLDKの広さ(畳数)の目安となる指導基準について

しかしこの目安、強制的な表示基準というワケではありません。なので、8畳なのに未だにLDKで表示している不動産はたくさんあります。

実際にファミリー層に人気なのが“LDK”なので、不動産もできればLDK表示にしたい、という思惑があるそうです。

LDKでも狭い!?

LDKといえば、キッチンがある部屋に食卓テーブルを置いて、その横にソファ、TV・・・なんて、広い空間を想像すると思います。

しかし実際は、8畳の広さにキッチンもソファもテレビもおくとかなり窮屈に。

私が住んでいるアパートのDKは9・7畳で食卓テーブルをおいていますが、さらにここにソファを置くのは無理があるのでは、と思っています。

対面キッチンは要注意

前に12畳のLDKのアパートを内覧したことがありますが、対面キッチンのスペースが5畳くらいあって残りのLD部分が7畳くらい。

なんだか12畳は広いっていうイメージをしていた分、狭ーいと感じてしまいました。

対面キッチンは一つの部屋を軽く仕切るようなイメージになるので、広さを数字だけでイメージするのはおすすめしません。

スポンサーリンク

理想のLDKの広さは16畳!

こちらのブログで精密に計算していて、快適に過ごせる理想のLDKの広さは20畳との結論がでていました。

参考/4人家族の間取り。快適に過ごせるLDKはズバリ何畳!?

ほんと、アイランド型の対面キッチンとかすっごいあこがれ。こんなLDKはステキですね~!

我が家は今、9・7畳のDKの隣の部屋の扉を取っ払って、まるで2LDKのように使っています。これがかなり開放感あって広くて快適!

隣の部屋の広さが6・6畳なので、DKの広さを合わせると16・3畳です。

20畳のLDKはあこがれだけど、ぶっちゃけ賃貸でここまで広いLDKはなかなかありません。

賃貸で、リビング・ダイニング・キッチンをかねた広さがほしいなら、16畳くらいは必要!というのが私の結論です^^

さいごに

不動産が自由に設定しているLDK表示に惑わされない為には、内覧時にここで生活する事を想像してみることが一番!

「ここに食卓テーブル・ここにソファ・・」

納得して契約すれば、引っ越し後に「こんなはずじゃなかった!」なんていう失敗を防ぐことができます。

新生活の要となる新居は、自分の目で見極めましょう^^

スポンサーリンク

(Visited 1,506 times, 1 visits today)