夜中のミルク調乳を簡単に早くたった3分で☆泣いて起きる赤ちゃんを待たせないミルク作り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく眠りたい!だからミルクも素早く作って赤ちゃんを泣かせたくない!そんなずぼらな私の調乳方法です☆

スポンサーリンク

夜中のミルク作りが辛い

夜中のミルク作りが一番嫌でした。

赤ちゃんは泣くし、私は眠いし時間がかかればかかるほど赤ちゃんは余計泣いて眠らなくなるし。

我が家は保温ポッドがなく、電気ケトルです。

電気ケトルでの調乳は、

水を入れる

沸騰させる

その間にミルク瓶にミルクを入れる

沸騰したら少し湯冷ましを足して(沸騰直後のお湯は良くないと聞いたので)ミルク瓶にお湯を入れる

流水でひたすら冷ます

多分15分くらいかかります。夜中なんて赤ちゃんの泣き声だけ響いて聞こえて焦ります。

調乳ポットを買おうか?でも調乳ポッドって赤ちゃん時期しか使わないのに4000円とかするしなぁ・・・と。めんどくさがりとけちな性格ゆえ悩む私でした。

そんな時、外出用で使ってる魔法瓶をそのまま夜中の調乳用にすればいいじゃん!と閃いたのです☆☆☆

保温水筒を使うメリット

・すでに温まってるので沸騰をまつ時間が必要ない

・数時間前に準備したお湯は、調乳に最適な温度になっている

・ベットの横でそのまま作れる

・☆飲ませるまで立ちあがる必要なし☆

・温度は湯冷ましで調整。3分でミルク出来上がり!

・ぐずり始めですぐに飲ませれば寝つきも早い

・ミルクを飲む時期をすぎても水筒として使える

・外出用にも夜中用にもこれ一本で経済的

湯冷ましで待ち時間なし

湯冷ましを駆使すれば、ミルクを冷やす時間いらず!これは少し研究が必要です。

私の場合は、沸騰したてのアツアツのお湯なら、お湯2:湯冷まし8の割合で。(湯冷ましを冷蔵庫に入れていた場合はお湯5:冷水5)

お湯を魔法瓶に入れて少し時間がたっている場合は、お湯4:湯冷まし6の割合で、など。

全部で180ML作るなら、160MLだけ作って、あとの20MLで温度調整です。

数字で書くとややこしいですが、やってみるとすぐにコツをつかんでなんとなくでも適温で作れるようになります♪

粉ミルクは哺乳瓶の中で待機

夜中は、粉ミルクの「スプーン何杯」なんて数えきれない私(笑)

なので、消毒して中を乾かした哺乳瓶にそのまま粉ミルクを入れてました。これも待ち時間なしの秘訣★

スポンサーリンク

【世代交代】次の魔法瓶

我が家のちびちゃんももう5か月。一回で飲む量も増え、ミルク間隔も2,3時間から3,4時間へと長くなってきました。

となると今使っている魔法瓶では不安が!
(今使っているのは要領200MLでメーカー不詳。中のお湯の温度が下がるのが早いです。4時間後ではぬるい・・・近所の雑貨屋さんの閉店セールで500円でしたw)

お湯の温度は、ミルク缶にも書いてある通り70度以上が適温。湯冷ましで調整もしやすい温度です。

ビタミンCは20%くらい成分が熱湯で失われるが、残量でも成長には十分

成分が壊れないのは60度まで。しかし厚労省から調乳70度以上の指導があり70度と98度での栄養成分の差異はほとんどない。

参考/yahoo知恵袋

そこで、これ!

さすが調乳用と書かれているだけあって、お湯を入れてから6時間後でも70度をキープできます。ワンタッチ開封も魅力的~♪ずぼらに磨きがかかりそう(笑)

少し保温力は下がるけど、可愛いデザインもあります↓

さいごに

この楽ちんさに味を占めた私は、もう昼間でさえもこの魔法瓶でミルク作ってます(笑)

でも一度開けてお湯を入れると中の温度が下がるので、また新しくお湯を入れる必要があります。

赤ちゃんミルクを飲ませたら、次のミルクの為に新しくお湯を入れる。

泣いている赤ちゃんの横でお湯を沸かすのと、お腹いっぱいで機嫌が良くなった赤ちゃんの横でお湯を沸かすのとでは気持ちが違います♪

スポンサーリンク

(Visited 70,372 times, 22 visits today)