「もったいない」で失うもの

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

「物が多いとざわざわする」

その理由、知っていますか?

 


スポンサーリンク

物は、訴えてる

モノは、使って欲しいんです。

使われないモノたちは、

  • 「いつ使ってくれるの?」
  • 「使うの使わないの?どっち?」
  • 「ねぇ、本当に、使ってくれるの?」
  • 「ねぇ、いつまで待てばいいの?」
  • 「ねぇねぇ!」

そんな感じで、いつも持ち主に訴えてるんです。

だから、物に溢れた家で生活していると、周りのモノが常に訴えてるから落ち着かない!

それが、心がざわざわする正体です。

「もったいない」と引き換えに失うこと

使わないけど、手放すのは「もったいない」から手放さないもの、ありますよね〜。

「もったいないからとりあえず収納しておこう」と決断した時から、脳は「これをここに保管した」ということを覚えておこうとします。

「使うときがきたらここから取り出そう」ということを覚えておこうとします。

でもそんなものがたくさんあると、どんどん覚えておかないといけないことが多くなって、期間が長くなると記憶が薄くなって、「ここに保管したはずだけどないな〜」って記憶はどんどん曖昧になって・・

その場しのぎの「もったいない」は、収納スペースだけでなく、脳の容量も無駄にしてしまうんです。

無駄にイライラしたり、忙しい気分でやる気も起きなくて、あなたが楽しく過ごすはずだった時間も無駄になってします。

損をしないために「もったいない」を選択したかもしれない。

でもなんでもかんでも「もったいない」ってモノと向き合うのことから逃げていると、結局はもっと大事なことを損してしまうんです。

さいごに

私も未だに、「もったいない」ってモノを無計画に収納したりしてしまいます。

以前よりだいぶましになったけど、まだまだモノを大事にしきれてないな〜っと反省中。

使わないなら、家に置いておく意味はありません。

モノとしてまだ使えるなら、ものが生きる場所に行った方がモノも本望!

家でざわざわ落ち着かないと思ったら、使っていない物を手放していきましょう^ ^

スポンサーリンク

(Visited 783 times, 1 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら