【断捨離】捨てる事ができないなら、たった1つだけ手放す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも今あなたが、欲望のとりこになっているとしたら、そしてそこから逃れたいと少しでも感じているとしたら、あなたの欲望の1%を捨ててみて下さい。

引用/不安の9割は消せる(P12)

この本では、もしバックが100個あるとしたら、その中の1つ(1%)だけでも手放す事が大事だと話しています。

「その中の10こ(10%)を手放す事が難しくても、1つ(1%)なら手放せるでしょう」という考え方。

たった1つだけ手放す事に、どんな効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

1%だけ手放すとどうなる?

100個あるうちの1個だけを手放す。残ったバックはまだ99個もある。

数字だけ見れば大した変化はないと思うでしょう。

ところがこの1個が非常に重要なのです。

絶対に手放す事はできないと自分自身で信じ込んでいる。バックは自分にとって命の次に大事だと思い込んでいる。絶対に手放す事ができないと。

でも、思い切って1個を手放す事で、それまでの執着心は薄れていきます。

これまでは絶対に手放せないと思っていたのですが、やってみればできるものだ。

少しだけ手放したところで、実は自分の生活や生き方には何の変化もない。それどころか、1個を手放すことで、その他にも不要なものが目に入ってきます。

いかに自分が無駄な買い物をしていたか。いかにバックに執着していたか。そのことに気づかされるのです。

そして、やがて自らが気づくことになります。

「もう、これ以上のバックは必要ないな」と。

この時心は解き放たれ、物欲という執着から自由になることができるのです。

引用/不安の9割は消せる(P13)

私は実際に断捨離を進めていくことで、衝動買いをほとんどしなくなりました。

なのでこの話にはすごく納得!

そしてさらに気づいたことがありました。

スポンサーリンク

毎日1個捨てるお片付け方法の効果

物が多くて片付けられない、そんな人は「毎日1つ捨てるお片付け方法」を実践したことがあると思います。

もしくは、こんなに物がいっぱいある中で、「毎日1つだけ」なんて、なんの意味もないと判断して実践をしなかった方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに1つだけ捨てたところで生活にはなんの変化もないです。

でもこの本では、「モノ」を捨てることで「執着心」を取り除くのだと書かれています。

執着心を取り除くには、たった一つ手放すだけで効果があると。

むしろ、その1%が大事だと言っています。

1%という数字をどう捉えるのか。

たった1%と捉えるのか、それとも人生を変え得る1%と捉えるのか。

私は、1%を意識することで、生き方は大きく変わると思っています。

引用/不安の9割は消せる(P15)

たった1個なら、この記事を読んだあとすぐにできそうですよね(^^)

さいごに

毎日一つだけ捨てるお片付け方法は、部屋に何の効果がないから続ける意味がない、と思われがちです。

しかしこのお片付け方法は、部屋を片付ける方法ではなく、マインドを変える方法だということに気づきました。

私たちの生活を支えている100%のモノの内、1%のモノに向き合ってみること。

あってないような存在だったモノに対して、「手放す」という判断をするということ。

それが、「どうしても捨てれない」を変える方法です(^^)

(Visited 1,356 times, 1 visits today)