「食品を無駄買いして破棄」をなくす3つの方法。お金を捨ててるって気づいてる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品の無駄をなくすにはどうしたらいいんだろう?食品を無駄に買ってしまうのをやめる為に、紹介する3つのポイントを抑えましょう。

ここを抑えずして節約はできません。

スポンサーリンク

主婦なら誰もが通る道

保存できるから・お得だから・あると安心だから、と食品をため込んでませんか?

使いきれなかった食品は、当然捨てる事になります。

冷凍食品も、缶詰も、永久保存ではありません!必ず消費期限があります。

使い切れる分を買う!
使い切れない分は買わない!

それが食品を無駄にしない基本。

でもまとめ買いの癖がついてしまっていたり、なんとなく食品がいっぱいあると安心、と思っている人にとっては“食品の無駄買い”をしないことがなかなか難しいのです。

無駄買いを無くす3つのポイント

罪悪感を感じる

要は、賞味期限が過ぎてしまった食品を自分で捨てる事です。

家族の誰かが捨てるのはダメ!

買ってきた本人が捨てる!

これがすごーく大事!

もちろん罪悪感に見舞われます。

罪悪感を感じる事でやっと「ああ、買いすぎた」と思うことができます。

手間をかける

私は、食品庫の整理をしたときに、賞味期限の過ぎた缶詰をたくさん処分しました。

もったいない(涙)と思った半面、処分がめんどくさーい!!

中身が入ったままの缶詰って捨てれません。

缶切りで開けて、中身をだして、空缶を洗って捨てる、という作業。

時間もかかるので、作業しながら罪悪感を長い間感じていました。

面倒なので後回しにしがちな作業ですが、台所もスッキリします。

破棄缶詰の山を見て「ああやらなきゃ・・」と思う事もなくなります。

もちろん、次回缶詰を買う時に、「しっかり使い切れるか」を考えることができるようになります。

作業は面倒だけど、それ以上の効果があります。

捨てたお金を書き出してみる

食品を捨てる事は、お金を捨てる事です。

捨てながら、その食品の大体の金額を書き出してみます。大体でOK!100円とか200円とか。

私が食品庫の整理をしたときは大体3000円くらいでした。

3000円っていったら、パート3,4時間分。節電を1年頑張っても、3000円にはなりません。3000円もあれば、映画にランチも行けます。

節約するなら食品の無駄買いを無くすことが一番!

捨てながら、無駄買いによっていくら損をしたか、と計算してみましょう。

スポンサーリンク

誰でも捨てたくない

食品を買い込む癖がある人も、食品を捨てるのは嫌です。

捨てると罪悪感を感じることが分かってる。

罪悪感を感じたくないから、捨てない、「いつか食べるから」と思ってしまいます。

でもそのままだといつか絶対に捨てないといけない時がきます。

そしてその時は、早い方がいいです!

早く行動に移せば、早く食品の無駄買いを防げるので、結果早く節約できます。お金を捨てる事がなくなるのです!

さいごに

元“買い溜め大好き!食品破棄主婦”の私です。

食品を腐らせたり、破棄を後回しにしたり。そんな人の気持ちがすごいよく分かります。

お得な食品は、お得じゃない事のほうが多い。

そんなことに気づけたのも、罪悪感を感じながら捨てたから!

もう、お金を捨てるのを辞めましょう。

スポンサーリンク

(Visited 2,344 times, 1 visits today)