「収納が狭い」は思い込み。解決方法はたった1つ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物が多いと、使えるスペースはなります。

「狭い」

不要なものを手放すと、それはだたの思い込みだったことに気がつきます。

ーーーーーーーーーー
今日も読んだよ♪の印にポチッと応援していただけると嬉しいです(*^^*) にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
いつもありがとうございます^ ^
スポンサーリンク

気を使う6歳

先日、実家の靴箱の整理をした時のお話。

(その時の記事はこちら)

不要な靴を取り除いて残った、“今、使っている靴”を靴箱に戻している時です。

6歳の姪っ子が、自分の靴5足をを1つの段にぎゅうぎゅうに詰めていました。

「1段に2足づつが使いやすいから、下の段にも置いていいよ」というと、

「あたしはここで大丈夫!だって狭いし、ママも靴いっぱいあるから」と言う姪っ子。

自分の靴でスペースを使うと、ママの靴が入らなくなると思って気を使ってたんです。さすが女の子!

実は大容量だった靴箱

しかしこの靴箱、なんと約80足は入る収納力抜群のやつでした。

家族全員が、それぞれ不要な靴を手放すと靴箱にもかなりの余裕が。

そこで、「狭くないから、下の段も使っていいよ」と姪っ子に言うと、「いいの?」と言って下にも靴を移動させていました。

折り曲がったり、靴の上に靴を乗せるんじゃなくて、ちゃんと二つ並んで両足揃った靴。

収納した靴を見て、「これでいいんだ〜」とゆう顔をした姪っ子。

収納を考えることで、モノを大切にすることも教えられるのかもしれないな、と思いました。

スポンサーリンク

狭いのは思い込み

実際の収納は広いのに、そこに不要なものが放置されているせいで「狭い」と感じる。

でも実は、広いんです。

その広いスペースに、不要なモノがたくさんあるから「狭い」と感じるだけ。

私も、ハイペースで断捨離をした時に、「こんなにも大量のモノが家にあったのか」と毎日びっくりしました。

ずっと「狭い」「収納足りない」と思ってたアパートだったけど、実際は大容量の収納にたーーーくさんのモノが押し込まれてただけだったんです。

「狭い」は、不要なモノによるトラップ。

本当は、生活するのに十分な広さがあるはずです。

さいごに

狭いと感じる場所・いつのまにかモノがぎゅうぎゅうになっている場所は、スペースが問題なのではなく、不要なものがひっそり溜まっているだけ!

ものを整理するスッキリ感は、癖になります^ ^

スポンサーリンク

(Visited 1,143 times, 2 visits today)