料理が嫌いな原因~片付かない台所では、料理が楽しくできるはずがないという現実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

散らかった台所で調理すると、料理が嫌いになります。

料理が好きになりたいなら、台所をスッキリ片付けましょう!

スポンサーリンク

散らかったキッチンでの調理はストレスだらけ

キッチンの片付け・断捨離ビフォーアフター

実際に片付かない台所で料理をしていた私なので、そのストレスは身をもって知っています。

始まりが片付けなので、最初から億劫

「よし!夕ご飯を作ろう!」

そう思ってキッチンに行くと、最初に食器を洗ってキッチンカウンターを片付けることから始まります。

しかも当時、キッチンカウンターにあるモノを収納する場所がなく、ただカウンターの横に積み重ねてスペースを確保するだけ。

最初のやる気も無駄になります。

調味料を探すストレス

場所が決まっていないので、使う時にすぐに取り出せません。

「だしの素、確か昨日使ってまだ残ってたはずだけど、どこに置いたっけ・・・」

「ゴマゴマゴマ・・・ないないない・・・」

「小麦粉、こんなに少ないんじゃ足りないー!」

傍から見ても効率悪すぎです。

目の前に物がたくさんあると迷う・集中できない

カウンターでお弁当の盛り付けをしていると、目に入るのが横に寄せて置いたチラシに手続きの書類・まだ開けてない手紙におもちゃにお菓子くず・・・

“セール今日までだなぁ。あ、手続きは今日でしなくちゃ。この手紙なんだろう。面倒だな・・。とゆうかまたこんなところにおもちゃ放置しるし!片付けてって言ったのに!お菓子食べて袋を捨てないなんて、また後から注意しないと!もう。やること多すぎてパンクしそうー!!”

美味しくできたお弁当の盛り付けだけに集中すればいいのに、それが出来なくなるのはごちゃごちゃのせいです。

料理が好きでも嫌いになる

使いたいものがすぐに取れない
置きたい場所に置けない
集中できない
無駄に時間がかかる

こんな状況では、料理の要領が悪くなるのは当たり前!
料理が好きな人でも、こんなキッチンでは楽しく料理できるはずがありません。

スポンサーリンク

整ったキッチンでの調理はウキウキする

家全体のモノを見直した結果、台所がスッキリキレイになった我が家。

キッチンの片付け・断捨離ビフォーアフター

もともと料理が超嫌いでしたが、今はそこまで億劫って感じではなくなりました。

むしろ鼻歌歌いながら料理することだってあるので、大進歩です!

やる気が無駄にならない

「よし!夕ご飯を作ろう!」

そう思ったら、クックパッドでレシピ検索して見えるところに置いて、材料を全部調理台に揃えることから始まります。

まるでTVの三分クッキングのようにスムーズ!(←言い過ぎw)

調味料もすぐに手に取れる

使いかけのだしの素もよく使うゴマも、調理台の引き出しにまとめて置くようにしたので、探す必要はありません。

以前のようなごちゃごちゃな食品庫とはおさらばしたので、片栗粉や小麦粉の残量はすぐにわかります。

時間を無駄にしたり、予定のメニューが作れなくてイライラする事が少なくなりました。(全くなくなったわけではないです。汗)

料理が早く終わる

キッチンカウンターに物がない事で、夕食作り・お弁当作りに集中できます。

結果、いい気分のまま効率よく早くお料理は終了。

「今日も美味しいご飯が作れた~♪」と満足です(^^)

自分と料理が好きになる

要領がいい
効率がいい
早く終わる
ルンルン

片付いたキッチンでは、例え料理が苦手な人でも楽しく料理をすることができます。

「なんか私っていい主婦って感じ!」

そんな気持ちになることで、料理が好きになってついでに自分も好きになっちゃいます(^^)

さいごに

料理が嫌いなあなた、台所のモノが多すぎではありませんか?

きっと、料理が好きだから台所が片付くのではなく、台所が片付くと料理が好きになると思うのです。

「料理を好きになろう」って結構曖昧な目標で、具体的に何をしていいのかが分かりませんが、「台所を片付けよう」なら目標が具体的。

使っていないモノを捨てることが、料理が好きになる第一歩です(^^)

スポンサーリンク

(Visited 1,346 times, 1 visits today)