片付けられないことは恥ずかしいことではない

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

「片付けはできて当たり前」

それは昔の話です。

人に片付けをしてもらう恥ずかしさ

最近整理収納アドバイザーの下積みのために、友人の家の片付けサポートをしています。

私の下積みお片付けに、ありがたくも協力してくれる方がいて、先日も友人のお宅にお邪魔してきました。

片付けに悩んでいるお部屋を見せてもらうと、なるほどごちゃごちゃです。

「なんかごめんねー」

としきりに謝る友人。

いやいや、こっちは協力してくれてありがたいんだよ!

と何度も伝えるも、「自分で片付けができないなんて、ダメだよね」という恥ずかしい気持ちがあることを教えてくれました。

「片付けができて当然」は昔の話

私は思うんですよねー。

今、片付けできないのが当たり前の時代。

片付けができないことを恥ずかしがる必要はないって!

昔は、片付けはできて当たり前のことでした。

物が少なかったから、片付けといえば物を並べることだった。

いらないものは、もらってくれる人が近所にたくさんいた。

ゴミの種類も複雑じゃないし、壊れた物を捨てるのも簡単だった。

昔は、片付けは「動けばいいもの」。

当時、片付いていない原因は、「怠けているから」でした。

今は、片付けができない時代

そして今は、片付けが難しい時代。

「動けば片付く」が通用しない時代になりました。

安く簡単に、大量の物が手に入る。

物を買うとさらに物が付いてくる。

マーケティングの進化によって、知らず知らず「買わなきゃ」と思わされて、

買って持ち帰る先は、最近多くなっている狭小住宅です。

そんな中「ものを大事にしなさい」精神は昔のまんま受け継がれて、使ってないものも捨てられない。

物が溢れているからもらってくれる人も少なくなり、ものの種類も複雑になったので処分するときも手間がかかります。

ただ物を並べるだけでは片付かない。

動けば片付くような時代じゃない。

現代の片付けには、知識が必要なんです。

片付けができないことにメリットはない

とは言っても、「片付けできない時代だから仕方ない」と放置していいことでもありません。

片付け本が最近かなり増えてきているのも、いよいよ片付けに対する需要が高くなってるから。

「おや?動いているのに全然片付かない。」
「これは変だぞ??」

と感じる人が増えてきているからなんです。

片付けに知識が必要な時代だからこそ、整理収納アドバイザーがいる!

整理収納アドバイザー2級講座という、片付けの基本を学ぶ講座も開催されています。

これまでの片付けができないと分かれば、時代にあった片付け方法に修正していきましょう^ ^

さいごに

片付けができないことを恥ずかしがる必要はないとは言っても、やっぱり綺麗に越したことはないです。

綺麗な方が気持ちもいいしお金も貯まる!

「自分で片付けできないなんで恥ずかしい」を乗り越えて、片付けできる私になりましょう(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら