【片付け】洋服が捨てられない時に要不要を判断できる5つの質問

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

洋服を捨てられない人は多いです。

  • また使うかも
  • 捨てるのはもったいない
  • どれも必要な気がする

そう思うとどれもどれも捨てられない><

でも、現実的に考えると1セットの洋服を着る私の体は1つ。

1日に着る洋服は、2セットから多くても3セットくらいです。

つまり、たくさん洋服を持っててもそのほとんどは使い切れないってこと。

しかも、多ければ多いほど不幸になるんです。

※服が多いと不幸になる理由はこちら

「そうは言っても、洋服はどうも減らしにくい!」

そんな方に、洋服の要不要がわかるようになる具体的な5つの質問を用意しました^ ^

基本の片付けスタイルは「全部出し」

洋服の片付けをするときは、クローゼットや引き出しから洋服を全部出してから始めます。

全部出して洋服の山にしてから、1枚1枚「使ってるか使ってないか」を確認。

ここでは、ただ

  • 使ってる洋服
  • 使ってない洋服

に分けることだけを考えます。

使ってない洋服は捨てるわけじゃない。

それを念頭に置いて、分けていきましょう^ ^

必要かどうかがはっきりわかる5つの質問

「使ってるか使ってないか」で判断ができない時の、質問を紹介します!

迷ったときは頭の中がフリーズしてしまいがち。

具体的な質問をすることで、ワクワク分けることができます^ ^

ここ1年で着ましたか?

「去年は着てないなー」
→と思ったら、今後着る可能性が低いです。

この服を選ばずに他の服を選んだということは、
この服は必要ではなかったということ。
なくてもいいということ。

使ってない洋服です。

この服を着るのは、具体的にどんな時ですか?

「友達と遊びに行く時に着る!」
→というふうに具体的にその服を着ている場面を想像できる服は、使っている服です。

「具体的に・・・?」
→その服を着ている場面が想像できない場合は、“いつか着るかも”と思っている状態。

洋服は着るために保管するものなので、その場面が想像できないということは着ない可能性が高いです。
なので分類は、使っていない洋服。

もしこの服がなかったら、どうしますか?

「この服がなかったら困る!」
→使ってる服です。

「別にどうもしない」
→使ってない服です。

この服を着ると、どんな気持ちになりますか?

「出掛けたくなる!」
「ウキウキする気持ちになる」
「テンション上がる♪」

→そんな気持ちになる洋服は、こんまり流でいうとトキメク服。
使っている服です。

「あまり知り合いとは会いたくないな」
「近くのコンビニとかならいけるかな」
「テンション上がらなーい」

→あなたの質を下げる服。
使っていない服です。

もしこの服を「欲しい」という人がいたら譲りますか?

「譲ります!」

→納得できる手放し方を探している場合は、欲しい人が現れるとすぐに手放せます。
つまり、分類は使ってない服。

“いつか使うかもしれない”
“捨てるのはもったいない”
という気持ちは、逆に考えると「納得する手放し方なら手放したい」ということ。

必要ない服ということです。

分けたらやること

  • 使ってる服
  • 使ってない服

がわかったら、使ってる服だけをクローゼットに贅沢に収めていきます。

⑴お気に入りクローゼットにする

これまでぎゅうぎゅうで取りずらかったクローゼットが、風が通るお気に入りの空間になること間違いなし!

ふれる服全てが、「お気に入りの服」「今着ている服」です。

テンション上がりますよ〜♪

⑵行き先を決める

収納し終わったら、使ってない服の行き先を決めます。

正直、使ってない服に分類された洋服は「全部捨てる」でオッケー!

だけど、捨てるとなるとクローゼットに戻したい洋服が出てくるのが、「捨てられない人」なんですよね><

なので、それぞれ納得できる行き先を決めていきます。

  • 完全に捨ててもいい洋服は捨てる
  • 「またいつか着るかも」が拭い去れない洋服は保留箱
  • 思い出のある服は思い出箱
  • 売りたい洋服はリサイクルショップへ
  • 誰かにあげたい洋服はプレゼント箱へ

保留箱には1年の期限を書き込んで、その期限が来た時に箱を開けなければ手放します。

売る洋服はリサイクルショップに持っていくのもいいですが、人気の宅配買取にすると先延ばしが防げます。

誰かにあげたい洋服は、その「誰か」をはっきりさせることが大事!
特に思い浮かばない場合は、売った方がいいです^ ^

さいごに

「洋服は手にとって5秒で判断すべし!」

直感が研ぎ澄まされてくると、こんなことができるようになります。

でも、

  • 自分のことがまだよくわかってない
  • 後悔しそうで怖い
  • じっくり考えたい

そんな時は、ぜひこの質問を役立ててください。

素敵なクローゼットに生まれ変わりますように(*^^*)

(Visited 1,385 times, 1 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら