片付けられないならインテリアは逆効果!リセットして物が生きる家にしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリア雑誌を見ると、簡単に真似できるような手軽なDIYや雑貨が紹介されています。

でもその魅力を活かすには、物が活躍できる家でなければいけません。

スポンサーリンク

物が多い家はおしゃれにならない

ただ、「なんとなく」なものがたくさんある家。いわゆる【モノの整理がされていない家】は、どんな綺麗で高級なインテリアをおいても全然おしゃれにはなりません。

私は汚部屋時代に、どうにか家の見た目を綺麗にしたくてインテリア小物を何回か購入しました。

  • 可愛い一輪挿し
  • おしゃれな間接照明
  • ミニグリーン
  • 綺麗なフォトフレーム
  • 有名画家の絵画(小)
  • アンティーク調の壁掛け

ごちゃごちゃ物が多い家でこんな小物を購入しても、全然おしゃれ感はありません。

お店で見たときは素敵でキラキラしてて家に持って帰りたい!と思ったインテリア小物。ごちゃごちゃの家ではその魅力を発揮できません。

可愛い一輪挿しはいつのまにか押入れに追いやられて、おしゃれな間接照明は電球が切れて埃がかぶったまま放置されるようになりました。

ミニグリーンはいつの間にか枯れてブラウンになってるし、フォトフレームに入っている写真は古いままで誰も見ない。

有名画家の絵画は埃で曇って、アンティーク調の壁掛けは悲しくも家のずさんさを強調することに・・・

整理をしないまま、モノを「足していく」ことは逆効果だったんです。

モノが少なくなったらステップアップする

家の断捨離を進めて、かなりスッキリすることができました。

ダイニングにあるは、普段本当に使うものだけ。

モノを使いたい時に探すことはなくなったし、ごちゃごちゃイライラに悩まされることもなくなりました。

でも・・・

おしゃれではないんですよねー。

断捨離する過程で、モノを買う時に「置き場所」や「使わなくなった時の処分方法」まで考えるようになった私は、以前とは真逆にインテリアアイテムを全く買わなくなってしまったんです。

そして最近は、「もっとおしゃれに家の空間をコーデネイトしたいな」と思うようになりました。

スポンサーリンク

キューブタイプの収納棚を物色中

私が今購入を検討しているのは、キューブタイプのオープンボックス。

まずはニトリで色々見てみる予定ですが・・

今は2歳次女が手が届かないところに置くべきものとかあって高さが必要だけど、あとあと子ども達が自分で取り出せる場所に収納したい物とかあるので、そうなると組み合わせ自由って柔軟に対応できて便利かな?って思ってます。

棚自体はシンプルでおしゃれっけはないけど、扉ついてたり仕切りがあるとインテリア次第でおしゃれになりそう。

楽しみです^ ^

さいごに

物が少なくなって初めて、「こうしたい」という私の理想が叶うようになった気がします。

インテリアアイテムを買う前に、まずは家をリセットすること!

ごちゃごちゃの家では、物は本来の力を発揮できません。

可愛い雑貨やおしゃれな照明を生かすには、「足す」前に「減らす」ことが大事です^ ^

スポンサーリンク

(Visited 1,260 times, 9 visits today)