物を捨てる時に罪悪感を感じるのは、「捨てる」という使い方を知らないから。

断捨離で一番の難関は、「まだ使える物を捨てること」だと思います。

まだ使えるけど、今はもう使っていない物。

  • いつか使うかもしれないし・・
  • 誰かが使うかもしれないし・・
  • 手放すなんて、もったいない

捨てることを考えると、その罪悪感から無駄に取っておくことになってしまいます。

使える物は、できれば捨てたくない。
それは、誰でも思うことなんです。

でも、使っていない物を捨てる時に罪悪感を感じる必要は、これっぽっちもありません。

捨てるのは、「使うこと」だから。

物を暗闇の中で放置するより、捨てるという「使い方」をしてみませんか?

スポンサーリンク

使っていない物を捨てる時、罪悪感を感じる必要はない

「まだ使えるのに、捨てていいのかな・・?」

はい。
使ってないのなら、捨てて手放していいんです。

罪悪感を感じる必要なんてありません。

だって使ってないんだから!

使ってないモノって、どこにありますか?

大抵、押入れの中やクローゼット・天袋・納戸の奥に、ぎゅうぎゅうになって押し込まれています。

もう長い間役に立つことなく、暗闇の中で新しいものが入ってくるのを悲しそうに眺めている、“もう使ってないもの”

罪悪感を持つなら、捨てるよりも
物をそういう役に立たない状態にしてしまっていることに罪悪感を持つべきです。

ものは使ってこそ存在意義がある。

では、使いたいけど使えないものはどうしたらいいんでしょうか?

実は「捨てる」ことも「使う」こと

「いつかいつか」と言いながら結局ずっと使えていないものは、潔く「捨てる」という使い方をしてみませんか?

  • 服を着る
  • 鍋を使う
  • アクセサリーを身につける
  • カバンを持つ
  • 使っていないものを捨てる

捨てるのも、れっきとした1つの使い方です。

放っておくよりも、使い方を工夫してみましょう(^ ^)

「捨てる」使い方って、いったいどうゆうこと?

例えば・・・

埃をかぶったインテリアを捨てることで、センスアップ!

玄関で埃をかぶっている気に入っていないインテリアを手放すことで、他の気に入っているインテリアを大事引き立てることができるようになります。

気に入っていないインテリアを手放すことで、玄関がおしゃれに!

気に入ってなかったインテリアは、センスの良い玄関になるために使われました(^ ^)

着ない衣類を捨てて、貯金が増える!

いつか着たいと思いつつ今は着ていない衣類を手放すことで、次に服を買うときは“ちゃんと着るかどうか”考えるようになります。

着てない衣類を手放すことで、節約思考に!

着ていない衣類は、お金を貯金するために使われました(^ ^)

使わない食器を捨てると、家事がスムーズに!

使っていない食器を手放すことで、食器棚はスッキリ!普段の家事がスムーズになります(^ ^)

何の役にも立っていなかった食器を手放すことで、家事のストレス減&無駄時間の削減に!

使っていない食器は、家事のスムーズ化に役立ちました(^ ^)

使ってない文具を捨てると、自分が成長する!

使っていない文具を手放すことで、机がスッキリして集中できるようになります。

使ってないペンやノートや細かい文具が視界から消えると、目の前にあることに没頭して勉強も仕事も質がアップ!

使っていなかった文具は、自分が成長するために使われました(^ ^)

さいごに

例は、ごくごく一部ですが・・・

とにかく、

「使わないけど捨てられない」からって押入れの中で死蔵品にするよりは、使い方を工夫することで使わないものも今すぐ役に立てるってことです。

物を捨てるのに罪悪感は必要ありません。

「最後まで、役に立ってくれてありがとうございます^ ^」

ズルズル放っておくのではなく、責任を持って「捨てる」と決断するのは、ものに対する愛情です(*^^*)

スポンサーリンク

\現在1510人の方が登録中!/

お片付けコラムライン

Twitterでフォローしよう