捨てたいのに捨てられない物への考え方〜心の目で物を見てみよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

“使ってないのに見た目がまだ使えるもの”って、
捨てたいのに捨てられない理由の1つです。

つまり、物がもう使えないと分かれば捨てられるってこと。

とは言っても、現代のものはなかなか丈夫で長持ちです。

“ものがまだ使えるかどうか”は、心の目でも見てあげましょう(^ ^)

使い切ると、捨てられる

「もったいない」が口癖でなかなかものを捨てられない人でも、ものを使い切ったときは案外すんなり捨てられます。

  • 靴下に穴が空いた
  • 収納ケースが割れた
  • ハンドクリームがもうなくなった

使い切ったなら、もう未練なく捨てることができるんです。

だって、もう使えないから。

「もう使えない」のが見てわかると、
捨てられるんです。

そもそも“使い切る”は自分で決める

でも、実は“使い切る”ってすごく曖昧。

  • 穴が空いた靴下を、今度は雑巾にしようとする人もいる
  • 収納ケースを、テープでくっつけて使おうとする人もいる
  • ハンドクリームの容器を、別のものを入れて使おうとする人もいる

つまり物って、完全に壊れない限りはほぼ永遠に使い続けることができるんです。

どの段階で「使い切った」と判断するのかは、人それぞれ。

なかなかものが捨てられない人は、この「使い切った」という基準を動かす必要があります!

見た目ではわからない「もう使えない」

「もう使えない」のが見てわかると、捨てられる。

でもほとんど物は、見た目ではまだ使える。だから捨てられないわけですが・・・

ぜひ心の目で見て見てください。

「心の目って何!?」

って感じですよね(;´д`)

心の目ってつまり、直感です!

ものを見た時、

「あーこれね。ひさしぶりに見たなーここにあったのか」

って、テンションが上がらない、むしろ見なければよかったって時点で、
これは「もう使えないもの」です。

見た目がまだ使える状態であったとしても、
心の目が“これはもう使えない物”として見ていたら。

もう、使えない物なんです。

さいごに

何も手放す方法は捨てるだけじゃありません。

  • あげる
  • 売る
  • 寄付する

色々あります(^ ^)

見た目だけに惑わされないで、物を心の目でも見て見ましょう。

意外とすぐそばに“穴が空いた靴下”級の、もう使えないものがあるかもしれません(^ ^)

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら