モノを捨てると行動が変わる。「使わない」と言う事でスッキリを保つ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捨てる片付けをしてモノと向き合う事で、無意識にしていた行動がわかってきます。

少しづつだけど、行動が変わってきたのを実感しています(^^)

スポンサーリンク

ただでもらうピザのスパイス

我が家の夫と子ども達はピザが好きで、毎月給料日にはピザーラで注文して宅配してもらっています。

そしてピザーラの心意気で、バジルや別途スパイスが小袋に入ってついてくるんです(ピザの種類にもよりますが)

しかし、我が家ではこのスパイス、一切使いません。子どもは辛いのが食べれないし、私も夫も辛いのが苦手。カレーだと全員一致の甘口です。

これまで、この使わないスパイスの小袋は“いつか使うかも”と冷蔵庫に保管していました。

でも、全然使わない。使う機会がない。そもそも我が家は辛いのが好きな人がいない(汗)

なので冷蔵庫の中には、スパイスの小袋がどんどん溜まっていきました。

冷蔵庫の中を断捨離

以前に冷蔵庫の中を片付けしたときに、このスパイス小袋と向き合うことに。

いつから保管されているのか、まだ使えるのかどうかも分からないような雰囲気の小袋達。

もったいないと思いつつ、破棄しました。

スポンサーリンク

捨てた後の行動の変化

今月の給料日も、ピザーラでピザを注文(^^)

電話口で、「このピザは、スパイスの小袋やバジルがつきますか?(ピザーラの人:はい、つきます。)我が家では使わないので持ってこないで大丈夫です!」と伝えました。

だってもう、我が家ではどんなに保管していても使わない事がわかったんです。

「そのスパイス小袋も料金に含まれてるんだから、とりあえずもらわないともったいない!」と思ってた私でしたが、“もったいないけど破棄する”という行動をすることで、意識がかわりました。

さいごに

捨てるお片付けをすることは、“なんとなく”“とりあえず”と、無意識にやっている行動に目を向けるきっかけに!

「とりあえずもらう」
「なんとなくもらう」

それを辞めることが、家のスッキリが続くコツだと思います(^^)

スポンサーリンク

(Visited 676 times, 1 visits today)