生活消耗品のストック数は「1つ」がベスト!収納にも気持ちにも余裕が持てる暮らし方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前ミニマリスト本で、「生活消耗品のストックを持たない」という項目を読みました。(どの本だったかは忘れましたが)

  • 洗剤や電池などのストックは持たない
  • ストックを置く場所も家賃が発生している
  • 使い切ってから買いに行く
  • 最近は24時間のスーパーやコンビニもあるからいつでも手に入る
  • コンビニを生活用品の倉庫だと考える
  • 「ない」のを楽しむのもミニマリストの極意

ふむふむ、こんな考え方もあるのか・・・

と感心した覚えがあります。

なのでこの本を読んでから、ストックを買う時に少し考えるようになりました。

ストックについて考えながら生活してその結果、「やっぱりストックは必要!」だと結論が出ました。

スポンサーリンク

ストックがあると気持ちに余裕が持てる

使い終わった瞬間「やばい」と思わずにすむ

ティッシュやトイレットペーパー、シャンプーや石鹸に歯磨き粉。

使い終わって予備がないと、「やばい!早く買いに行かなきゃ!」と焦ってしまいます。

一人暮らしなら、なくても“多少困る”ですむかもしれませんが、子育て中はちょっとした“困る”がイライラに繋がるのでできれば避けたいところ。

ストックがあれば、使い終わっても焦ることはありません。

家族のせいにしなくてすむ

家族で生活しているとあるあるなのが、中身がなくなったシャンプーが普通にバスルームに置かれていることや、トイレットペーパーが芯の状態でかかったままになっていること。

ちょっとちょっと、なくなったら補充してよ!せめて言ってよー!

使おうとした時に“ない”と、テンションだだ落ちです。

でもストックがあれば大丈夫!

慌てず騒がずストックを開封すればすみます。

それだけの為にコンビニに行かないですむ

  • なくなったティッシュだけのためにコンビニに行くこと
  • なくなった単三電池だけのためにスーパーに行くこと
  • なくなった歯磨き粉だけのために、ドラックストアに行くこと

それが、すっごい効率が悪いと思うのは私だけでしょうか。

生活必需品こそ、スーパーに行った“ついで”に買うのが、時間も体力も無駄にしないと考えています。

スポンサーリンク

「ストックを買う」生活が丁度いい

ストックを開封したら、次スーパーに行く時についでに買えるように、メモに書いておきます。

我が家は週2、3回ほどスーパーに行くので、その時に他の食材と一緒に購入。家に帰るとそのままストック置き場に直行。

「ストックを買う」が我が家にぴったりでした。

予備がありすぎるとダメ

注意したいのが、ストックの買いすぎ。

「ストックを買い足す」のではなく、あくまで「ストックを買う」です。

我が家では消費が早い柔軟剤は未開封を2こ予備としておいていますが、他の生活用品はほとんど1個だけを予備としておいています。

生活消耗品って、必需品だけあってセールが多いです。セールの勢いで2個とか3個とか買っちゃうと、そのストック量が普通になって2、3個常備してないと不安になります。

そのストックを使い切らない間にまたセールがやってきて勢いで買っちゃうと、「ないと不安になるストック数」がどんどん増えてきて、いつのまにかストックの数が把握できなくなってきて・・・それこそ“ストックに家賃を払っている”状態に。

ストックがたくさんあっても、実際に使うのは1つずつです。

ストックは基本1つだけ。

それが、丁度いいです^ ^

さいごに

ストックを、多すぎずベストの数を持つことは、気持ちの余裕を持つこと。

ストック1つだけなら、収納に悩むこともありません。

家にあるストックは多すぎていませんか?

セールの時に生活消耗品を買うときは、家にあるストック数を思い浮かべてみることをお勧めします^ ^

スポンサーリンク

(Visited 642 times, 2 visits today)