借りたのを忘れがちな少額のお金もちゃんと返そう!かわいいポチ袋で女子力と信用UP♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の貸し借りはよくないとは言うけど、私はよくやっちゃってます。正確に言うとお金を借りるんじゃなくて「立て替えてもらう」。

例えば、財布を持たずに友達と一緒に入ったコンビニで、新商品発見!食べたいけど食べたいけど・・・財布もってない!って時。

友達が一緒に買ってくれます(笑)

何も考えず実家に行き、小銭しか持ってない状態で突然母親とランチに行くことになった時。

母親が出してくれます(笑)

数万円とか借りたらさすがに覚えていてしっかり返済しますが、数百円とか千円くらいだと、返すの忘れちゃうんですよね~。いや、一応覚えてるんですよ!

「今度会ったら300円返そう」
「今度実家行くときは千円返そう」

でも、そのままお財布に入っていると当然使いますし、やっとお友達と会えたと思ったら話に花が咲いて、バイバイしてから思い出すとかね(汗)

ちっちゃな金額でも、相手の好意です。スマートに返したい!て事で私はポチ袋を活用中。

忘れずに、さりげなく返す事ができるのでおすすめですよ~

少額でもお金はお金。親しき仲にも礼儀ありです☆

スポンサーリンク

忘れないうちにポチ袋に入れる

お金を立て替えてもらった時は自宅に帰ったらすぐ、立て替えてもらった金額をポチ袋に入れます。10円単位まで正確に入れてしまうと余計にケチっぽいので、金額少し多めか少な目にして、キリがいい金額を入れます。

入れたら封をして、返す人の名前を書きます。内容によっては「ありがとう♪」とか一言添えたらかわいいかも♪

そのポチ袋は財布の中か手帳の内ポケットに入れておきましょう~

ポチ袋に入れるメリット

財布にポチ袋に入っているから、返す事を忘れません!間違って使ってしまう心配もありません。

現金をそのまま渡すよりも渡しやすいし、財布を開けてわざわざ金額を数える手間もないし、相手も現金そのままじゃなくてポチ袋に入っていたら受け取りやすい☆

ポチ袋も可愛いものがいっぱいあって選ぶのも楽しいです。ちっちゃいポチ袋は財布にも入れやすくて便利!かわいい包装紙でいくつか作っておくってゆうのもセンスあるよね(^^♪

きっと女子力UPのポイントになりますよ!

さいごに

20150804141200

最初から奢ってもらう予定だったら感謝の気持ちを伝えています。

でも突然お金を出してもらう事になった時は相手が「返さなくても大丈夫だよ~」といっても、次回さりげなく返すことにしています。

お金を返すのを忘れがちだと、コンビニでお友達に「(お金)貸しとくよ♪」と言われても「え!(どうせ返すの忘れるし悪いから)いいよ!次回買う。」となりがちですが、しっかり返す自信があれば「ありがとう~♪」と気軽に借りる事ができます!

気軽に立て替えてもらうのがいい事なのかどうかはおいて置いて(笑)

日々楽しい方がいいもんね!

スポンサーリンク

(Visited 1,461 times, 3 visits today)