「いつか使うモノ」は、もう使わないと言う根拠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いつか使うものは、もう使わないから手放すべき』

お片付けノウハウでは、そんな言葉をよく目にします。

そんなこと言われても、未来なんて誰にもわからないし、使う時が来るかもしれないじゃない!

私はそう思ってなかなか捨てられずにいました。

でも最近思うんです。

「いつか使うかも」の【いつか】は、来るかもしれない。

でもその時に「使えない」と、ないのと一緒だな、って。

ーーーーーーーーーー
今日も読んだよ♪の印にポチッと応援していただけると嬉しいです(*^^*) にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
いつもありがとうございます^ ^
スポンサーリンク

「収納すればまた使える」わけじゃない

「いつか使うもの」って、なんとなく押入れ収納に回されます。そんな「いつか使うもの」が多くなっていくと、何がどこにあるのかわからない状態に。

  • 予備ボタン
  • 雑貨の付属品
  • ずっと使ってない食器
  • ほとんど行かないお店のポイントカード
  • 使いづらいアクセサリー
  • 高かった服・・・

使いたい時に、見つからない!

やっと見つかったと思ったら状態が悪い!

結局、使えない・使わないのがオチです。

忙しい現代だから、手放すべき

押入れの中をイライラしながら時間をかけて探してまた元に戻すより、100均で目的にあったものを買ったほうがよっぽど賢いんじゃないかと思うのです。

一度捨ててまた買う時って「捨てなきゃよかったなー」って思うけど、それは改めてモノを大事にすることができる貴重な体験。

私も、買い直しを経験した時に「これは私にとって必要なものなんだな」っていうことがわかりました。

(コスメ捨てて後悔した時のお話)

「いつか使う」収納された時点で、ごちゃごちゃの一員になる

使わないけど売れるものでも譲れるものでもない。

だからって手放すのは勿体無い。

だっていつか使うかもしれないから。

そうやって収納された時から、その物は物としての目的を失います。

そして、ただのごちゃごちゃの一員になります。

さいごに

収納してれば使えるわけじゃない。

使いやすいように、使いたい時にすぐ手に取れるように収納しなければ、結局ないのと同じ。

そう考えると「いつか使えるモノはもう使わない」は、筋が通った言葉だと思います^ ^

スポンサーリンク

(Visited 1,448 times, 6 visits today)