2017/07/27

夏の汚部屋は電気料金が高くなる。節電できないのは、物が多いから

 

ABOUT
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら

夏は電気代が高くなるのは仕方ないですが、物が多いと電気代は無駄に高くなります。


スポンサーリンク

電気を消せなかった汚部屋時代

最近電気代節約のために、夜は寝室以外の電気を全部消して真っ暗にしています(当たり前?)

以前物が多かった時は、夜でも電気を全部消して真っ暗にするということはしませんでした。

なぜかというと、物が多かったから。

  • 何かにぶつかるかもしれない
  • 何かを踏んじゃうかもしれない

そんな危険があったので、常に常夜灯をつけていました。

今は真っ暗にしても、何かにぶつかったり踏んじゃったりする心配はないので、安心して電気を消すことができます^ ^

物が多いと、暑い

物は熱を発生させないものの、それぞれが温度を持っていて、物が多くなると物と物との間に「温度を保つ」という効果が発生します。

つまり物の多い部屋は、「保温性」がある部屋なんです。

(鉄には保温性はないですが、段ボールや衣類は特に保温性があります)

なので暑い時に物の多い部屋で冷房をつけても、冷えるのが遅い!

エアコンが、部屋を冷やそう冷やそうと頑張ってくれるので電力をかなり使います。

スポンサーリンク

汚部屋の夏は電気代がかかる

夏はエアコンの影響で電気代は高くなりがち。

さらに物が多い場合は電気代は無駄にどんどん高くなります。

言ったように電気を消すことができなかったり冷房が効きにくい以外にも、

ホコリが多いため扇風機の風が弱くなったり、詰め込みすぎの冷蔵庫で無駄に電力消費したり。

とにかく汚部屋は無駄ばかり!

さいごに

電気を消して真っ暗にした時、一瞬汚部屋時代に物にぶつかりながら歩いた記憶が蘇って不安になりました。

でも、実際に歩いてみると、何にもぶつからなかったし、何も踏まなかった。

そうか。汚部屋は、卒業したんだった!

電気代の節約のために、物を減らしてみませんか^ ^

スポンサーリンク

(Visited 554 times, 1 visits today)
この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるようになりました。現在は、整理収納アドバイザーを目指しています。
詳しいプロフィールはこちら