片付けはスキルアップ。モノを捨てる基準は「価値をあげてくれるかどうか」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の3日お片付けの著者石坂京子さんが、捨てる為の判断基準を話している記事を読みました。

アイテム別 捨てにくいモノの捨て方ガイド

すごくいいー!と思ったので紹介します^^

スポンサーリンク

片付けはお金のかからないスキルアップ

部屋をきれいに保つことで、後ろめたさがなくなり、内面から自信が生まれます。片づけは、“お金のかからないスキルアップ”。資格を取るのと同じように、片づけができるようになれば、きっと一回り成長した自分になれるはずです

物をと向き合って手放して行くうちに、いろいろなことに気づかされます。毎日が勉強だし、毎日一歩づつ階段を上っているようなイメージ。

たしかに、物を一つ捨てただけでは部屋はキレイになりません。

でも、「これは、私には不要なモノだった」と気づいたことが最大リターンです。

片付けで物と向き合うことで確実に成長できます。

モノを捨てるかどうか迷った時の判断は

そのモノが、自分の価値を上げてくれるかどうかで判断しましょう

この判断基準、服とかアクセサリーとか身に着けるアイテムの判断方法に最適だと思います!

「高かったから」とか「二度と手に入らないから」とか、そういう理由でタンスの奥にずっとしまっている服があったら今一度「その服は私の価値を上げてくれるのか」というのを考えてみる事で、気持ちがはっきりするかもしれません。

アクセサリー

2017011016194101

安物のアクセだけど、合わせやすいし他に変わりもないから使っていたアクセサリー

首元が黒んずんできたけど、「これしかないし」という思いでずっと持っていました。

でも、「自分の価値を上げてくれるかどうか」で判断したときに、“自分の価値をあげてくれない”と思いました。黒ずんだままつけるなら、つけない方がいいかもしれない。むしろ、「これしかないし」って仕方ない気持ちでつけるアクセって、キラキラ可愛くなるアクセの目的からはずれてるんじゃないだろうか。

感謝して捨てることにしました。

部屋着

2017011016194100

よれよれで着やすかった部屋着。

下の方は塩素系ハイターがついたせいで色も抜けて穴が開いているところもあります。

最初は気に入って使っていたけど、こうなると間違いなく“自分の価値を下げる服”です。着やすかったけど、今はエプロンもあるし、洋服棚を見直したついでに破棄しました。

さいごに

部屋をキレイにする為に物を捨てるってゆうのが目的だったけど、自分の価値をあげる為に物を捨てるっていう考え方をもつと、もっと成長できるだろうなって思いました。

物を手放して、もっと自分を素敵にしよう^^

スポンサーリンク

(Visited 1,280 times, 1 visits today)