片付けたい・捨てたいけどやる気が出ない。そんな中途半端な状況はレジ袋で解決!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「モノを手放す」ことをストップしていました。

ある程度家がキレイになって満足してたっていうのもありますが、「捨てる」に必要なやる気が沸いてこなかったんです。

でも、ブログを書いたり家のちょこっと片付けをしているうちに、「やっぱりまだまだモノが多いな、もっと手放したいな」とやる気がむくむく。

なので今日から、1日1捨てならぬ“1日1袋捨て作戦”を始めることにしました。

スポンサーリンク

“1日1袋捨て作戦”とは?

一袋捨てる
“1日1袋捨て”とは、レジ袋1袋分のモノを、1日1回捨てよう!という作戦です。

用意するのは、

  • レジ袋1枚(大きさはなんでも)
  • やる気を少しだけ
  • 時間15分くらい

なんともゆるい作戦です。

捨てたもの

一袋捨てる

  • 使いずらいと思っていたタッパー
  • 子ども服タンスの奥にあった、くたびれた服
  • 柔軟剤を詰め替えたときの切れ端
  • いつか使おうと思って数か月放置していた付録
  • 袋に入ったままのノベリティグッツ
  • いつかのパンフレット
  • 壊れたおもちゃ
  • 相方がずっと見つからない靴下
  • 何かの割引券
  • いつの間にか着なくなった子供服

すぐにレジ袋いっぱいになりました。

特に、子供の洋服ダンスの中は穴場です(汗)

スポンサーリンク

レジ袋1袋分を捨てるメリット

1日1個よりは多く捨てられる

断捨離で超気軽なのが、「1日1捨て」。気軽だけど、当然あまりすっきりはしません。

でもレジ袋1袋分なら、家は劇的すっきりはしないものの、気持ちがすっきりします。

45L袋に捨てるより手軽

以前は同じ方法で、レジ袋じゃなく45Lごみ袋で挑戦しました。

関連記事→「もう捨てる物がない」断捨離に行き詰まった時に不要なモノを絞り出す方法

「不要なモノを、この袋いっぱいになるまで入れる」という方法は一緒なのですが、45Lは袋が大きいのでやる気が必要です。

でもレジ袋なら、そこまでやる気は必要ないです。

45Lごみ袋で捨てるのにやる気が5必要だとしたら、レジ袋に捨てるのにはやる気は2くらいあれば十分。

何となく捨てなかったモノを捨てられる

使いながら、「これもう捨ててもいいかなぁぁ~・・・」なんて思いつつも捨てなかったもの。

それを捨てるチャンスになります。

私の場合は、片っぽしかない靴下や使いづらいタッパーをこの機会に捨てることができて、なんだか気持ちが軽くなりました。

不要な物に目を向けることができる

ずっと前からそこにある不要な物
使ってたけどいつの間にか出番がなくなったもの

そういうモノって、意識しないと目に入ってこない気がします。

関連記事→断捨離中「捨てる物がない」と片付けが進まないのは、コレに気がついていないだけ!

でも、「あと2・3個くらい、不要な物ないかな」と意識することで目に入ってくるようになります。

そのモノのスペースが空くことで、本当に必要なものが探しやすくなります^^

さいごに

今日やってみたところ、簡単だしすっきりするのでしばらく続けてみようと思います。

またレポートします^^

スポンサーリンク

(Visited 1,725 times, 1 visits today)