【要注意】汚部屋にありがち!貧乏になる「1円」の扱い方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら

汚部屋の住人によくありがちな状態の一つが、
1円や5円などの小さいお金が小物入れに混ざったままというような状態。

これ、貧乏になりますよ〜涙

この記事では、1円に対する考え方を紹介します(*^^*)

1円をどうしても軽く見てしまう(実際軽いですけどw)という方は、読んで見てくださいね(*^^*)

スポンサーリンク

1円を甘く見てるとお金で苦労する

お片付けの手伝いをしていると、小物入れに1円玉や5円玉がごちゃごちゃに混ざっている状態をよく見かけます。

財布に入れればいいこと。

だけど、“小物入れから財布に移動する”、その動作がめんどくさかったりするですよね〜。

「たかが1円のために」
なんて思ってしまう。

そこにあるのが1万円札だと、行動も違ってきたと思います。

もし引き出しの中の小物入れの中に1万円札が入ってたら、ソッコーで財布に入れますよね!w

でも1万円札も、結局は1円の集まりです。

1円を「たいしたことない」と甘く見てると、痛い目見ることになります><

汚部屋だった私の貧乏体験

そんなことを言っている私も、もれなく1円を粗末にしているタイプでした><

  • 1円玉がカバンの底にあっても、財布に入れない
  • 1円玉が引き出しの中にあっても、財布に入れない
  • 1円玉が落ちていても、素通りする

もちろん当時はすんごい汚部屋で、お金がなくて毎日ヒーヒーしてました。

「収入が少ないのが悪い」
と思っていましたが、今改めて考えて見ると、別に劇的に少なかったわけではない。

当時は汚部屋によって知らないところでお金が無駄に流れて言っていたのと、

貧乏神に完全に好かれていたためにお金関係のラッキーがなかった(ラッキーに気づけなかった)のが問題でした。

関連記事↓
汚部屋は貧乏になり、キレイに片付けるとお金持ちになる本当の意味

スポンサーリンク

1円を「1円」と思わない

私が考え方を変えられたのは、片付けの勉強をすると同時に“1円を「1円」と思わなくなった”から。

つまり。
1円はお金です。

1万円札もお金。
1円玉もお金。

「1円」と思うから甘く見てしまうであれば、

「1円」ではなく
「お金」としてみる。

そう考えることで、カバンの底に1円玉があったら「お!危ない危ない」と財布に入れるようになったし、

引き出しの中に1円玉があったら、それを財布の中に入れる1、2分の行動をめんどくさがらずにできるようになりました。

1円玉が落ちてたら「ラッキー!」とお財布の中へw

1円の見方を変えてから、財布の中の状態も極貧状態から脱出できました(*^^*)

さいごに

  • 1円を甘く見てると貧乏になる
  • 1円を大事にできない人は、
    1円を1円ではなく「お金」として考えよう

というお話でした(*^^*)

お金と汚部屋の関係はほんと面白いので、もし今あなたが汚部屋に悩んでいたら、「片付けると本当にお金に愛されるのか」自身で実験して見てくださいね^ ^

こちらの記事もオススメです♪
貧乏ほど断捨離すべし!捨てる事が節約&貯金になる仕組み

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
3人子育て中の主婦ブロガー(32歳)です。片付けが苦手で嫌いでどうしようもないズボラでしたが、ブログがきっかけで片付けられるように。2017/10月に整理収納アドバイザー1級を取得しました。
詳しいプロフィールはこちら