お片付けの停滞期に自分に喝を入れるウキウキする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片付けの方向性に悩んだときは、自分の家を客観的に見ることができていないときです。

「もっと捨てなきゃいけない?」
「そもそも私の理想の家ってどんな家?」
「お片付け後の想像ができない・・・」

そう思ったら、ホームパーティーを企画してみましょう(^^)

スポンサーリンク

誕生会でお友達家族を招きました

先日、我が家の次女が一歳になりました。

そこで、2家族を招いて誕生パーティーを開催!

以前なら、家に誰かを招待してホームパーティーするなんて到底考えられませんでした。

しかし捨てる片付けを続けていると、誰かを家に招くことに抵抗がなくなり、ホームパーティも全然OK!と思うように(^^)

まだまだ「何もせずともキレイな家」ではありませんが、以前より片付けが簡単になっているので、心に余裕ができています。

鉄板の即席片付け法!

私たち5人家族が住む家に、大人が4人と子どもが二人、次女のバースデーを祝いにやってきます(^^)

当日に、ささーっと片付けをしたのですが・・・

その方法は、“リビングやキッチンのごちゃごちゃゾーンにあるモノをすべて、目の届かない寝室へ移動する”という鉄板の方法(笑)

リビングとキッチンが、あっという間にすっきり綺麗になりました。

スポンサーリンク

自分に喝を入れるきっかけ

モノをたくさん捨てて、家の中のがすっきりしたのは事実です。

(ゴミ山の写真はこちら)

しかし、寝室に集まったごちゃごちゃをみた感想は「まだまだモノが多い」でした。

それなにに、「もう不要なものは全部捨てた」と思っていた時期もありました。

イヤイヤ。

ホントに不要なものは全部捨てたの?

この集まったごちゃごちゃは全部必要なモノなの?

私、まだまだ甘いーーー!!

捨てる意識がまだ弱い!そう気づいたのす。

さいごに

誰かを招いてホームパーティーするとなると、見栄がでてきて急に自分の家を客観的に見ることができました。

モノを目の届かない所に押し込んで作った“一時的な”キレイな空間。

それこそ、現実的にすぐに目指せる“片付け後の家”の姿だと思います。

片付けに迷走始めたら、お友達を家に招待してみましょう。

楽しい&片付く&やる気が戻る!

一石三鳥です(^^)
スポンサーリンク

(Visited 1,092 times, 1 visits today)