【断捨離】こんまり流失敗?「実践した」っていう経験が、片付けを楽にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離してもモノを減らす自信がないから、最初から断捨離しない、という方。私も同じ気持ちで、長年モノを減らす事を後回しにしてきたので気持ちはすごく分かります。

こんまり流の片付けをしたのに、なぜかモノがなかなか減ってない、という方。私もこんまり流を実践しましたがガラーンとまではいかず、油断するとすぐに散らかってしまうので、「こんまり流失敗?」と思う気持ちはすごく分かります。

でも私は、自信がなくても断捨離してよかった。“ホテルのような部屋”とまではいかなくても、こんまり流を実践してよかった!って思っています(^^)

スポンサーリンク

本気で片付けに取り組んだという経験が大切

片付けって、毎日どうしてもやらなきゃいけないから、なんとなく簡単にやっていると思います。

でも本を読んだり片付けの勉強するのって、“本気の片付け”です。

本気の片付けによって「片付けの理論」を学ぶこと。その効果がすごいです。

キレイになるってわかる

本気の片付けをした、っていう経験が自信になっています。

これまで、「片付けても片付けてもなぜかスッキリしない」というのを何度も体験してきてすっかり自信がなくなっていましたが、本気の片付け実践することで、「片付かないのは私が片付けが下手だからってわけじゃないんだ」という事がわかりました。

やり方を変えれば必ず「キレイになる」って確信があるので、片付けが好きになりました。

片付けは前より楽

モノを捨てて手放して多少モノは少なくなったけど、まだまだごちゃっとします。

以前までは片付けが面倒で後回しにしていたけど、本気の片付けをすることによって楽に片付けをするコツを習得したから片付けが楽々!

全部他の場所に移動するというポイント

「本気の片付けをすることによって楽に片付けをするコツ」っていうのがまさに“全部他の場所に移動する”ことです。

記事はこちら

この片付け方法を繰り返すことで、「キレイになる」という自信をつけていった感じがします。

“散らかった場所を見渡して、頭の中で片付けの段取りを組む”という事ができるようになったのが強いです。

スポンサーリンク

自信がないのとあるのとの違い

ごちゃっとした場所を片付けようと思ったら、以前はこう思っていました。

「ここ、片付けなきゃいけない。嫌だな~。なんでこんなに散らかるんだろ。どうせ頑張って片付けてもすぐ元通りだし。どうでもいいや~(イライラ)」

でも今はこう思います

「散らかってきたー!ここが片付くと作業しやすいし、ちゃちゃっと片付けちゃおう!」

全部他の場所に移動してみることで、

  • 絶対にキレイになる
  • 簡単に片付けできる

という事を経験として学んできました。

この自信のおかげて、片付けに取り組みやすく、やる気がでるようになりました(^^)

さいごに

理想通りにならなくても、“本気の片付け”に取り組んでみるだけでこれからが変わります。

スッカリ片付けに対して自信をなくなしていても大丈夫。

“本気の片付け”を経験して、「片付けは楽!」というのを実感しましょう(^^)

スポンサーリンク

(Visited 11,803 times, 11 visits today)