子ども服をこんまり流で片付け。子ども本人によるトキメキチェックのメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんまり流お片付け・子供服は子ども本人が実践!

前に綺麗に整理整頓したのに、いつの間にかごちゃごちゃの5歳長女の洋服タンス。

せっかく長女のお気に入りの服が仲間入りしたので、取り出しやすくスッキリさせることにしました。

関連記事
5歳女の子の服は量より質が大切だよ!って記事はこちら。

まずは量を調整する必要が!

せっかくなので、5歳長女に“こんまり流トキメキお片付け”を実践してもらいました。

スポンサーリンク

子供服の断捨離を子ども本人が実践

こんまり流お片付けは、「トキメク服・お気に入りの服だけを選んで収納。その他は破棄」という方法。

関連記事
こんまり流お片付けをもっと知りたい!って方はこちらの記事で解説しています。

早速、長女の服を全部山積みに。

こんまり流お片付け・子供服は子ども本人が実践!

そして長女に、「好きな服を選んでみて(^^)」と言ってみました。

「うーん・・・」

と言いながら服を選んでいく長女。

こんまり流お片付け・子供服は子ども本人が実践!

最初テンポよく進んでいましたが、5分くらいで飽き始めました(早いw)

はじめてのトキメキチェックの結果

飽き始めた頃から雑になりましたが(汗)無事になんとか全部チェック終了!

私の予想ではもっと“お気に入りじゃない服”が多く出ると思ってたんですが、いつもは着てない服も「この服も好き!」と言ってました(笑)

イヤイヤ好きとか言ってほとんど着てないじゃん!

そう言いたいけど言いません!

あくまで長女の判断を大切に(^^)

もっと出る予定だった“お気に入りじゃない服”は一袋分の小さな紙袋に収まりました。

こんまり流お片付け・子供服は子ども本人が実践!

スポンサーリンク

5歳によるこんまり流お片付けのアフター

トキメキチェックをしたのは長女。

たたんで収納したのは私です(^^)

こんまり流お片付け・子供服は子ども本人が実践!

少しだけど量を減らしたので、お片付け前よりは余裕をもって収納する事ができました。

(ちなみに今回でた“ときめかない服”は破棄はしませんでした。次回、おさがりや処分の最終判断の為に、一時保管へ。)

さいごに

子どもによるこんまり流お片付けのメリットは、“子ども本人が、持っている服を把握できるところ”だと思います。

我が家の5歳長女は、収納の奥にギュウギュウに押し込まれていた服をさっそく翌日、自分で選んで着ていました。

多分子どもなりに、「あ、そうそう、この服持ってたんだった~!」と思ってるのかと。

服は思ったより減らなかったけれど、子どもが持っている服を再確認することで、お金をかけずに着る服のバリエーションが増えるのはステキなメリットだと感じました。

子どもの洋服ダンスがごちゃごちゃしてきたら、本人に収納する服を選ばせてみてはいかがでしょうか(^^)

スポンサーリンク

(Visited 1,301 times, 1 visits today)